自分を大切に…誘いを断るコツを知り、断る勇気を持とう!

佳見 そら

お辞儀をする猫のイラスト

職場の飲み会、友達とのランチ、何らかの集まり・・。誘われても「行きたくない」こともありますよね。

もしかしたら「行くべきではない。でも雰囲気的に断りにくい」というケースもあるかもしれません。

私自身も、以前は誘いを断るのが苦手。頑張って断っても、後から「クヨクヨ」。でも参加しても「モヤモヤ」。

はっきり言って、無駄なエネルギー&時間を費やしていました。

ここでは誘いを断るコツをご紹介し、少しでも断る勇気を持つお手伝いができたらと考えています。

断ることは、悪いことではない…。自分自身を、もっと大切にしてあげませんか?

印象を悪くしない断り方のコツ

誘いを「断る」と決めたら、できるだけ印象を悪くせずに済ませたいですよね。

覚えたい!3段階で断るテク

基本的に、印象が悪くなりにくいのは、以下のような断り方です。

  • 「誘っていただいたのに申し訳ございませんが、その日は別の用事が入っているんです。また次の機会にお誘いいただけると嬉しいです。」
  • 「ありがとう! でもごめん、なんか最近胃の調子が悪くてあまりご飯を食べられないんだ。体調がよくなったら自分の方から連絡するね。」

言い回しや内容は違えど、2つの断り方には共通点があります。・・それは、3ステップを踏んでいること。

  1. まず「クッション言葉」
  2. 次に「断る理由」
  3. 最後に「締めの言葉」

1の「クッション言葉」とは、誘ってくれた相手に対する「気遣いの言葉」です。心理学的に、人は気遣いを受けると怒りやマイナスの反応が減る、というデータがあります。

クッション言葉には、以下のようなものがあるでしょう。

  • 断ることに対する「お詫び」の気持ち・・「ごめん」「申し訳ございませんが」など
  • 誘ってくれたことに対する「感謝」の気持ち・・「ありがとう」「誘っていただき嬉しいです」など
  • 誘いを受けられず「残念」な気持ち・・「本当は行きたいんだけど」「すごく残念なのですが」など

これらのいずれか、もしくは複数を組み合わせてもOK! しっかり言葉で表しましょう。

その後に、2の「断る理由」を言うのが望ましいですが、これについては次章で詳しく触れます。

3の「締めの言葉」は、上手に使えるとむしろ好印象を与えられることも! 締めの言葉は、以下の3種類があるでしょう。

  • 本当は行きたいけど断る場合・・「また誘ってね」「次回を楽しみにしています」など
  • 代わりの案が出せる場合・・「電話で話すことならできるよ」「再来週でしたら大丈夫なのですが」など
  • 行きたくなくて断る場合・・「みんなで楽しんできてね」「落ち着いたらこちらから連絡します」など

基本の3段階をスムーズに使いこなせると、断る勇気も出やすくなりますよ。

プラス「感じよく」

前述の「3段階での断り方」も、あまりにも無愛想や棒読みでは感じが悪いですよね。

わざとらしいのも不自然ですが、ある程度は感情をこめて言えるとよいでしょう。「愛想がよくない」「リアクションが薄い」などの自覚がある人は、特に気をつけられるとよいと思います。

また、心の中で

  • 職場の飲み会なんて、なんでやるの?
  • どうせ愚痴ばかりのランチ会でしょ?
  • ヒマな人が集まるくだらない会合だ

などと思っていると、無意識のうちに態度や言葉に出てしまうもの。積極的にそれをやりたい人からすれば、気分はよくないでしょう。

ちょこっと俳優になった気分で断れると、印象が悪くなりにくいですね。

プラス「わかりやすく」

できるだけ印象よく断る。でも優柔不断な感じはNGです。

  • 「どうしようかなぁ」
  • 「行けるかもしれないし難しいかもしれないし」
  • 「行きたいんだけど、わからないなぁ」

相手の方に「えっ結局どっちなの?」と思われそうですね。

本当に予定がわからない場合は「帰宅して予定を確認してからご連絡します」など、いつまでに回答できるのかを伝えられるとよいでしょう。

断る「理由」について

断る「理由」って、ちゃんと言った方がよいの? 嘘の理由じゃダメ? 理由についてお話していきます。

理由を言わなきゃダメ?

理由を言わずに断れればラクですし、状況的にそれでOKな場合もあります。しかし、ズバリ「理由は言った方が印象が悪くなりにくい」と思います。

どうして?・・逆パターン「自分が相手を誘うケース」を想像してみましょう。理由なく断られても「全く気にしない」人もいるでしょうが、

  • 「あれっ、体調でも悪いのかな」
  • 「行きたくないってことだろうな」
  • 「もしかして嫌われてるってこと?」

など、多かれ少なかれ何かを想像しませんか?

理由なく断られても優しく受け入れる人もいるでしょうが、感じの悪い印象を抱いたり「二度と誘わない!」と思ったりする人も、いるかもしれません。

「このメンバーに何を思われたっていいや~」という場合はまだしも、今後も関係を保っていきたい場合は、理由を言って印象を悪くしない方が得策です。

無難な理由リストをつくっておく

「え~~、でも本当の理由は言いにくい」「理由はなく、行きたくないだけ」。そんな場合もあるでしょう。

「くだらない飲み会だから」「嫌いな人がいるから」などの理由は、ストレートに言ったら角が立つ。それは前述のとおりですね。

「理由」と言っても、

  • 「あいにく先約が入っております」
  • 「ちょっと用事があって」
  • 「最近、体調があまりよくなくて」

など、少しあいまいな感じで大丈夫なケースもあります。

ただ、具体的に言った方がよい状況の場合はどうしよう…。私のオススメは、自分なりの「無難な理由」を前もってストックしておくことです。

「無難な理由」は人や状況によって異なりますが、たとえば以下のような感じでしょうか。

【用事がある系】

  • 〇〇に行く用事がある
  • 来客があるから自宅にいる必要がある
  • 仕事、副業がある etc.

【体調が悪い系】

  • 〇〇の調子が悪くて薬を飲んでいる
  • ちょっと最近めまいがしやすい
  • 家族の体調がよくない etc.

【お金がない系】

  • 今月は家計がピンチ
  • お小遣いが減ってしまった
  • 金欠が深刻 etc.

「このメンバーの時にはこの理由」「前回はこの理由で断ったから次回はこれ」など、あらかじめ考えてリストをつくっておくと、断る勇気も出やすくなるかもしれません。

嘘の理由で気をつけるべきこと

ズバリ、嘘の理由を言うことで気をつけることは、以下の3点です。

  • バレバレの嘘をつかない
  • 突っ込まれたくない嘘をつかない
  • いつ誰にどんな嘘をついたか覚えておく

金欠と言いながら新しい洋服やバッグを頻繁に身に着けていたり、体調不良と言いながらすごく元気だったり…。近所に住む人の場合「用事がある系の嘘」もバレる可能性があります。

また「副業をしている」「資格取得のための勉強をしたい」などは、相手の興味をひきます。突っ込まれた場合、さらっと流すか、どんどん嘘の話をしなければならず、苦しいかもしれませんね。

まとめ:自分を大切に…断ってOK!

「誘いを断る」ことは、相手あること。どんなに断り方のコツを駆使しても、印象を悪くする場合もあります。

たとえば、やんわり断ってくれる方がいいと思う相手もいれば、「スパッと断ってくれた方がいい」と思う相手もいるわけです。

自分が断ることで、後から何らかの不快な思いをすることも、あるかもしれません。

でも、完璧は難しい・・。加えて世の中の人全員に好かれるなんて無理ですし、好かれる必要もないと思います。最も大切なのは、自分自身の

  • 素直な気持ち・感情
  • 「こうしたい」という思い
  • 本当にやりたいことや好きなこと

なのではないでしょうか。よほど人に迷惑をかけることでない限り、私はそう思います。

一人一人が、もっと自分を大切にできる世の中になることを願って。

この記事をお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。