悪口ばかり言う人の心理・特徴10選。どう思うかはあなたしだい!

佳見 そら

怒っている女性のイラスト

たまに言うのならまだしも、口を開けば人の悪口‥。悪口ばかり言う人、周りにいませんか?

偉そうに言う私も、以前は悪口、グチ、不平不満。けっこう口にしていました(*_*)

職場の人、近所の人、友人知人、家族・親戚・・。悪口ばかり言う人が「なぜ悪口ばかり言うのか」、それを考えるのが昔から好きでした(←どんな趣味だ!)

ここでは、そんな変な私が分析した「悪口ばかり言う人の心理・特徴」をまとめていきます。心理学者マズローの欲求階層説も参考にしていますよ!

悪口ばかり言う人に対し、あなたは率直にどう感じるでしょうか?

悪口ばかり言う人の心理・特徴10選

悪口ばかり言う人も、それぞれ。全部が全部当てはまるわけではないことを了承の上、読んでみてくださいね☆

自分に自信がない

これは「表向きは自信がありそうに見えても、深層心理では自信がない人」も含みます。

「自分は他人に比べて劣っている」と潜在的に考えている。だから悪口を言って他人の株を下げ「自分が上」とアピールし、自分を守っているのですね。

自己の重要感を満たしたい

自己の重要感とは、わかりやすく言えば「人に認めてほしい」「褒めてほしい」「尊敬されたい」という感情のこと。

マズローの欲求階層説でも証明されているように、人間は生理的欲求が満たされ、かつ仲間もいて安心して生活ができていれば、次に満たしたいのは「他人や世間から認められたい」という欲求なのです。

でも自分で自分のことを満たしてあげられていれば、必要以上に「他人から」認めてもらう必要はありませんね。

自己の重要感を満たしたくて悪口ばかり言う人は、前述の「自分に自信がない」だったり「負けず嫌い」だったりという特徴があるでしょう。

ネガティブな面に目を向けがち

ネガティブな面とは、

  • 自分ができないことや自分が持っていないもの
  • 他人の短所や悪い面
  • 世の中の悪いこと etc.

ネガティブな面に目を向ける癖がついていると、他人に対しての「不満」が多くなります。何に目を向けるかは自由なので、今の自分にあるものや物事のよい面を見る習慣がついている人は、悪口を言うことも少ないのです。

ストレスを解消したい

その「不満」や「モヤモヤ」を、自分で処理できる人もいるでしょう。

けれども、たいていは

  • 上手に処理できない
  • 自分だけで抱えていたくない
  • よってストレスが溜まっていく

その結果、誰かに悪口を聞いてもらい、ストレスを解消させるのですね。直接できない他人への「攻撃」を、悪口ではらすケースもあるでしょう。

仲間をみつけて安心したい

悪口ばかり言う人の心理として「一人になるのが不安」ということもあります。

マズローの欲求階層説でも示されているように、人間は程度の差はあれど「集団に属したい」「仲間が欲しい」という欲があるのです。

人の悪口で盛り上がると、妙な結束感が生まれる(気がする)。あの仲間意識と安心感。以前の私も経験済!

大嫌いな人がいて、その人の悪口を言い、相手から共感を得られた場合。「一人ではないのだ」という安心感や、嫌いな人を仲間外れにできたような満足の心理もあるでしょう。

ラクに会話のネタを見つけたい

「仲間が欲しい」「人とつながりたい」。でも「会話が苦手」、という人もいるでしょう。

そんな人は「相手の話を上手に聞くテクニック」を身につければよいのですが、中には「自分からネタを提供しなくちゃ」と頑張るタイプの人もいます。

でも「ネタがない」。そんな時に人の悪口は「手っ取り早い会話のネタ」になるのですね。

かまってほしい

悪口ばかり言う人の中には、いわゆる「かまってちゃん」タイプの人もいます。

  • 自分はこんなに被害を受けている
  • 自分のことを心配してほしい
  • 自分に目を向けてほしい

「かまってちゃん」は、自分に注目が向くような話ばかりする特徴があります。しかも「大げさ」な傾向もありますね。

相手の立場を思いやれない

これは、つい先日の話。

近所の人が「〇〇さんちの子、挨拶もしないの」と長々悪口を言っていたが、よく見ていると、悪口を言っていた人のお子さんも挨拶をしていない。

う~ん…学びがありましたね。 誰かに対して不満を感じても、その時に

  • でも自分も完璧な人間ではないし…
  • 相手にも事情や立場があるのだろう
  • ちょっと体調でも悪かったのかな

など、少しでも「思いやり」の気持ちを持てれば、少なくとも「悪口ばかり言う」ことは避けられるはずです(´Д`)

思い込みが激しい

これは以前の私にも当てはまるのですが…。

事実かはわからないのに、人の悪口を言うことがありました。今でも他の人が悪口を言うのを聞く時「これ、思い込みや憶測で言っているなぁ」ってこと、案外あるものです。

嫌いな人のことはすべてが悪く見え、あることないこと言いまくる、という人も一定数いますね。

夢中になれることがない

これは、実感として思うこと。自分の体験としても、周りの人々を見てきても‥。

  • 人生を積極的に楽しんでいる
  • 目標達成のために日々努力している
  • とにかく忙しい

このような人は、そもそも「悪口ばかり言う」時間がありません(*’ω’*)

たとえば、積極的に物事のよい面に目を向けている人や、好きなことに熱中している人‥。何かに対して不満に思う時間を「もったいない」と感じることでしょう。

私の体験から、過去の「ものすごく忙しかった」時期は、悪口を言っている余裕もなし。

周りを見ていても、夢中になれる趣味があったり夢・目標に向かって必死に頑張ったりしている人は、人の悪口を言うことがあっても「たまに」という感じですね(;’∀’)

今までの環境も関係しているかも

そもそも、なぜ悪口ばかり言う人は悪口ばかり言うのか。

その理由の一つとして、今までの「環境」もあるでしょう。

育てられ方かもしれないし、悪口ばかりの職場や組織に属していたのかもしれない。

ネット上に

子どもの時に家で悪口を言っても、両親が「家が暗くなるからやめてね」「どうして家でまでそんなことを考えているの?」などと言われ、すぐに楽しい話題に切り替えられていた。そのおかげか今も全く人の悪口を言わない。

というような声がありました。

反対に親も一緒になって悪口を言ったり、親から人の悪口を聞かされることが多ければ、それが「普通」になります。(ちなみに私もこのタイプに近い…)

悪口ばかり言う人は、前述の心理・特徴に加え、環境も関係している可能性も大きいと思うのです。

まとめ:どう思うかはあなたしだい

この記事を、ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

しかし同じ記事でも、どう感じたかは人それぞれでしょう。

  • 悪口ばかり言う人とは距離を置きたい
  • 悪口ばかり言う人を少しでも満たしてあげたい
  • 自分の悪口を減らしたい etc.

「えっ? この部分には納得いかず…」なんて思った方もいらっしゃるかもしれませんね。ぜひコメントをお待ちしています(^-^;

自分で「どう感じたか」を大事にし、自分なりの小さな一歩を踏み出せる。そんなお手伝いができると嬉しいです。

最後までお読みいただき、感謝いたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。