甘いものがやめられない。やめる方法&どうせならこう考えよう!

佳見 そら

お菓子を我慢する女性のイラスト

甘いものがやめられない。だって好きなんだもん。

無性に食べたくなる! 一口食べたら止まらない! は~~幸せ~(*‘∀‘)

でも‥‥「また食べちゃった…」って後悔 (*´ω`)

ここでは、甘いものがやめられない方&自分のために、甘いものの食べ過ぎのリスクをまとめ、今までに私が試した「甘いものをやめる方法」や「どうせ食べるならこう考えよう」ということをお伝えしていきます☆

甘いものがやめられないとこうなる!

今まで読んだ本に加え、ちょこっと調べただけでも、甘い物の食べ過ぎのリスク、ありすぎ‥‥(*´Д`)

  • 太る、肥満の原因になる
  • しわやたるみの原因になる
  • 寿命が縮まる
  • 虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 糖尿病のリスクが高まる
  • (血糖値の急激な変動が起こりやすく) 不安やイライラの原因となる
  • 高血糖 (血糖値が常に高い状態) の原因になることもある
  • (ビタミンB群が失われ) だるさや疲れ、うつ状態の原因となる
  • (ビタミンB群の欠乏により) 貧血や肩こり、口内炎の原因となる
  • (ビタミンB群やカルシウムが失われ) 冷え性の原因となる
  • (ケラチンが糖化されると) 抜け毛や白髪の原因になることも
  • (コラーゲン糖化やカルシウムの欠乏により) 骨粗鬆症のリスクを高める
  • (血管のコラーゲンが糖化されると) 脳梗塞や心筋梗塞などの発症リスクを高める
  • (クリスタリンが糖化されると) 白内障の原因となる可能性も
  • (脳のタンパク質が糖化されると) アルツハイマーの原因となる可能性も

老化促進や寿命の縮まりは、甘いものを「たとえ少量でも日常的に食べ続けると引き起こされる」とする研究結果もあります (-“-)

すでに高血糖の指摘や糖尿病の診断などを受けている方は、これ以降の記事内容は参考にせず、医師による指導に従ってください <m(__)m>

私が試した甘いものをやめる方法

私が試したことのある、甘いものを「やめる方法」「減らす方法」を10個ご紹介!

私のことはさて置き‥‥皆さんには合う方法があるかも (;’∀’)

甘いものは高級品のみ

甘いものは「質のいい、高級なものしか食べない」というルールをつくる方法 ( ;∀;)

医師の南雲吉則氏も、ワインを飲みすぎていた時に、とあるボルドーの格付けワインのクラス以外は飲まないようにしたとのこと。大切なものは味わって飲みたいから、飲む機会は激減したそうです。

甘いものがやめられない方の場合も「高級ブランドや老舗の和菓子屋のものだけにする!」などと決めてはどうでしょうか? あまり買えないし、ゆ~くり食べようと思うし (^-^)

甘いものを、すぐに飲み込まない

ゆっくり食べることなら、今すぐ始められます☆

  • チョコは口の中でゆ~っくり溶かしながら
  • クッキーなどは30回ぐらい噛む
  • 飴なども甘さをゆっくりと感じながら

「美味しい~」「幸せ~」と存分に感じながら、なかなか飲み込まない! 甘いものを食べる量を減らせることが期待できます (*^-^*)

甘いものの常備をやめる

自宅に甘いものがあるから食べちゃう。

だったら甘いものを自宅に置いておかない、という方法。

「目の前にお菓子が入ったカゴを置くのと置かないのとでは、食べる量が20%も違う」という実験結果もあるよう。

う~ん…強い意志が必要ですけどね~ ( ;∀;)

甘いものを見ない

そう。甘いものを「見ちゃう」から、食べたくなる! だったら

  • コンビニやスーパーのスイーツ売り場を通らない
  • 最新スイーツなどの情報、番組、CMなどから目を背ける
  • 飲食店のメニューもスイーツのページを開かない

まあ、これも「強い意志」が必要ですね~ (;’∀’)

果物やサツマイモで代用

食べてもいい。でも「お菓子」「スイーツ」ではなく、

  • サツマイモやカボチャなどの野菜
  • 果物全般
  • ドライフルーツやナッツ

などを食べる方法。

もちろん食べすぎはNGですが、栄養価的に優れており、医師や栄養士さんも勧めている方法。前述した体調不良や病気などのリスクも、ぐんと減りますね☆

10日~2週間、甘いものをやめる

甘い記憶を脳から消す! 味覚をリセット!

という目的から、甘いものを10日~2週間やめてみる方法です。

具体的には、

  • 甘いお菓子 (特に市販の物) を食べない
  • 甘いジュースやお酒、炭酸飲料を飲まない
  • コーヒーや紅茶に砂糖を入れない
  • 料理に使う砂糖を極力減らす
  • 食品成分表を確認し、人工甘味料や糖分が入っている物は避ける
  • 加工食品やジャンクフードを食べない etc.

理論を読んでいると、けっこう効果はありそうなのですが…。思ったより砂糖や甘味料が入っている商品って多いし、完璧には難しい‥‥私は試す前に挫折 (;’∀’)

甘いものがやめられない10年後を想像する

前述した「甘いものがやめられないとこうなる!」を徹底的に読み込む!

で、自分の10年後の最悪の状態を想像する!

‥‥恐れをモチベーションにする方法です ( ゚Д゚)

甘いものをやめた10年後を想像する

同じモチベーションを高めるなら、「恐れ」じゃなくて「幸せ」を想像したい?

甘いものをやめて

  • 太っていない自分~
  • 老けていない (老化スピード緩やかな) 自分~
  • イキイキ健康な自分~

をイメージして、笑顔になる(*‘∀‘)

10年後にそういう自分でいたいから、「甘いものをやめよう」というモチベーションにつなげる方法です☆

温かい飲み物をとる

甘いものを欲する時って

  • 不安やイライラを静めたい
  • 脳が幸せ~な気分になりたい
  • 体が水分を欲している

という場合もあるよう。

「すぐ甘いもの!」ではなく、温かい飲み物をゆっくり飲んで休息することで、解消できるケースもあるみたいですよ (砂糖をたくさん入れたら意味ないですが…( ;∀;)

幸せ度をアップさせる

「そもそも、心の満足度や体の健康を保てば、甘いものを欲さなくなりますよ」という方法。

  • 軽い運動 (特にリズム運動)を取り入れる
  • 朝日を浴びるよう心がける
  • 質の高い睡眠をとる
  • 栄養バランスの整った食事 (特にビタミンB群やミネラルを豊富に!)をとる
  • 効果的なストレス解消法でストレスを減らす
  • 考え方を前向きに保てるような工夫をする
  • 夢中に楽しめる趣味などを持つ etc.

要は、普段このブログの記事ネタにしているようなことを実践する、という方法なのですが‥‥。

なのに、なぜ私はいまだに甘いものがやめられないのだろう ( ;∀;)

甘いもの、どうせ食べるならこう考えよう

引き寄せの法則や量子力学の観点から言うと、

一番NGなのは、甘いものを食べて「罪悪感」「後悔」「自己否定」「自責」などに浸ること (*´ω`)

「また甘いものを食べちゃった。太るし老けるし病気にもなるかも~(>_<)」などと意識を向けすぎると、脳にその情報が刻み込まれ、体がそのように反応しやすくなります。

体調の場合、あるお医者さんの実験でも証明されていますが、「大丈夫!と安心していれば悪化しにくく、心配していればその通りに悪化しやすい」とも言えます。

プラセボ効果 (思い込むだけで本当にそうなる効果) が効きやすい人はなおさら。

要するに、甘いものは「食べない」か、「食べるなら、徹底的に幸せな気分を感じて後悔はしない」のどっちか、ということです (‘ω’)

余談ですが、Dr.コパさんの「お金持ち体質」の項目の中に「甘いもの好き。太るのを怖がらない」という項目がありました。「食後はお金が大好きな甘いもので締めましょう」とも ( ;∀;)

「神様は甘いものが好きだから、神社に甘味処がある」という説もありますね~。

甘い物には、心を安定させる働きがある脳内物質「セロトニン」を増やす効果も期待できる!

ということで、私の結論。

「甘いものがやめられない」もOK。でも食べすぎには気を付けつつ、食べたい時はいろいろ気にせず食べちゃう。「おいしい~幸せ~ありがた~い」と感謝していただく!(*’▽’)

まとめ:自分はどうしたいか

甘いものがやめられない方&自分へ。食べすぎのリスクややめる方法、どうせ食べるならこう考えようということをお伝えしてきました。

甘いもの断ちに挑戦してみる? 甘いものを普通に食べ続ける?‥‥あなたはどうしたい?

甘いものがやめられないことに対し、いろいろ考えるきっかけにしていただければ幸いです☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。