ミスで落ち込みすぎ…この立ち直り方と考え方で心をラクに!

佳見 そら

落ち込む女性会社員のイラスト

大きなミスならともかく「たいしたことないミス」でも、落ち込みすぎてしまう~(*_*;

私も幼い頃からそうでした。

今は自分を変えることに成功し、嘘みたいに落ち込まなくなったけれど…。過去のダラダラ落ち込んでいた時間、「あ~もったいない」(>_<)

落ち込んでもいいとは思うんです! でも落ち込む時間、短くさせませんか?

ここでは、ミスで落ち込みすぎてしまう人へ、心がラクになる「立ち直り方」と「考え方」をご提案していきます。

ぜひ「自分に合った」立ち直り方や考え方を見つける、ヒントにしてみてくださいね☆

試そう!ミスからの立ち直り方

ミスは誰にでもあること。小さなミスなら、なおさら。

落ち込みすぎてしまう気持ちはわかりますが、ダラダラと嫌な気分でいることは、自分の幸せにつながりません(>_<)

ミスからの立ち直り方の「3ステップ」

まず、今の私が実践している「わかりやすい3ステップ」の方法をご提案します☆

  1. 落ち込む気持ちを受け入れる
  2. 今後の対策を考える
  3. ミスを忘れられる何かをする

ミスをしてしまったら、まず「自分、また落ち込んでる。まっ落ち込むのは仕方ないさ」と声に出し、気持ちを受け入れてあげてください。

これだけで、心がラクになることもあるんですよ(*‘∀‘)

気持ちを受け入れたら「このミスを今後にどう生かすか(次にミスしないための対策)」をさっと考えます。

ここまでのステップで、はいっ「おしまい」。あとはミスのことを忘れられる何かをし、気持ちを切り替えましょう (^-^)

  • 好きなことや趣味に集中したり
  • 別の話題で人と会話したり
  • 軽く体を動かしたり
  • 文章を書き写したり声に出して読んでみたり
  • 好きな場所に出かけたり‥‥。

しかし‥落ち込み過ぎるクセがあると、最初のうちは難しいかもしれませんね (*_*;

  • いろいろな方法を試し「これなら忘れられる!」という方法を見つける
  • やっている目の前のことに集中するよう心がける

のがポイントですよ!

責任重大のミスや大きな損害につながるミスなど、気持ちが落ち着くまでに時間がかかるミスもあるでしょう。その場合は決して無理をせず、周りの人の力を借りたり、場合によっては専門家の力も借りたりしながら、ゆっくり回復させていきましょう。

他にもこんな「立ち直り方」がある

ネットで「ミスから立ち直る方法」で検索すると、あらゆる方法が書かれていますね (*’▽’)

  • 人に話す・相談する
  • 歌う・踊る・叫ぶ
  • 10分間だけ思い切り落ち込む
  • 思い切り泣く
  • 美味しい物を食べに行く
  • 寝る
  • お酒を飲む
  • アロマオイルやお香の香りを嗅ぐ
  • 気持ちを紙に書いて破いて捨てる
  • 音楽やラジオを聴く etc.

とにかく試してみてください、あらゆる方法を。

「どうせ何をやってもダメだ」と思っていませんか? ミスをして落ち込みすぎる時の立ち直り方は、人それぞれです!

とにかく試して、自分に合う立ち直り方を見つけましょう (^_^)

ダラダラ落ち込み過ぎてしまう人は「切り替えが苦手」とも言い換えられます。以下の記事にも、気軽に試せる方法をまとめていますよ☆

切り替え上手になるには? すぐにでも試せる12個の方法!

程度や状況によって「立ち直り方」はいろいろ?

「ミス」と言っても、仕事上のミス、人間関係でのミス、恋愛でのミス‥‥いろいろでしょう。

責任重大のミスもあれば、たいしたことのないミスもある。

自分の体調などによって、同じミスでも「すごく落ち込む時」と「そこまで落ち込まない時」もあるかもしれません。

その時々に合った、心がラクになる立ち直り方を選べるとよいですね (*‘∀‘) たとえば、

  • 仕事のミスは、〇〇さんに話すとアドバイスももらえて為になる
  • 人間関係でのミスは、考えても仕方ないのに考えすぎてしまう。部屋の掃除が一番効果的だ
  • このミスは、二度目は許されない。ミスの原因や対策をしっかりノートにまとめよう etc.

体や心が「疲れている」と感じる時は、休息を最優先させてほしいです。体が疲れている時は「早く寝る」、心が疲れている時は、自分に合ったリラックスやリフレッシュできることをするなど、「疲れ切る」前に休みを与えるようにしましょう。

心がラクになる考え方8選

ここでは「たいしたことないミスで落ち込みすぎている時」に、心がラクになる(かもしれない)考え方を8つお伝えします。

時と場合に応じた、自分に合う考え方を見つけてみてくださいね (^-^)

本当に自分だけのせいか

冷静に考えてみましょう。今回のミス、100%自分だけのせいでしょうか。

落ち込みすぎるクセのある人は、自分を責める傾向にある人が多いです(>_<)

  • 今回のミス、まぁ環境や状況も悪かったよねぇ
  • 自分のせいは、せいぜい2~3割。後はどうしようもできないこと
  • 自分と相手、50%50%ぐらいじゃない?

「自分だけのせい」と考えるクセがある人は、これぐらいの考え方がちょうどいいんです☆

そもそも落ち込むほどのことか

これも冷静に考えてみてください。今回のミス、そもそも「落ち込みすぎること」に値する内容でしょうか。

落ち込みすぎる自分と、ほぼ落ち込まない自分の両方を経験している私ですが…。以前の自分を振り返ると、つくづく「落ち込む必要のないことでよく落ち込んでいたなぁ」と思います。

小さなミスなんて、誰にでもあります。きつい言い方かもしれませんが、忙しい人は「小さなミス」にいちいち落ち込んでいる暇などないものです (‘_’)

人はそこまで気にしていない

「ミスをして恥ずかしかった」「みんな、どう思っただろう」‥‥気になる気持ち、よくわかります (>_<)

でも、あなたではない誰かがミスをした時。そのミスのことを、長い時間あなたは考え続けるでしょうか?

仕事上の大きなミスや、適切な対処の必要がある場合ならともかく、誰かがしたミスを考え続ける人は、おそらくいません。

ずっと気にして落ち込み過ぎているのは「自分だけ」と考えると、心がラクになるかもしれませんね☆

相手は本当に迷惑に感じてる?

「迷惑をかけてしまった」「申し訳なかった」と思いすぎていませんか?

ミスは誰でもするもので、それをカバーし合っていくものだと、私は思っています。次に誰かがしたミスを、思いやりの心でカバーできれば、よいのではないでしょうか?

しかも、ミスして迷惑をかけた相手は、本当に「超迷惑~」とか「腹が立つ」とか思っているでしょうか? 案外、こんな可能性もありますよ。

  • ミスをカバーできたことで、相手の株が上がった
  • 「ミスは誰にでもあるのだなぁ」と安心している
  • 「役に立ててよかったなぁ」と思っている

何か(誰か)の役に立てるって、嬉しくないですか? 誰もミスをしない、誰も迷惑をかけない世の中では、「人が役に立てる場面」もぐんと減ってしまいます (~_~)

来週・来月・来年には…

たいしたことないミスって、1週間後には忘れていませんか?

引きずりやすい人でも1ヶ月後、仮に大きなミスでも1年後には、もう悩んでいないことが多いと思うのです。

来週・来月・来年には悩んでいないことで、落ち込み過ぎる‥‥。せっかくなら、心地よいことや楽しいことをして過ごしませんか?

この程度で済んでよかった

前述もしましたが、ミスには

  • 責任重大
  • 大きな損害につながる
  • 早急で適切な対処が必要

なんてものもありますよね。それに比べたら、たいしたことのないミスの場合は「この程度で済んでよかった」ということになります。

今回ミスしたおかげで、次回は気を付けるでしょう。結果的に「大きなミスをするのを防げた」というケースもあるのです (^-^)

気づきもあった

今回ミスをしたことで、今後の生活に生かせる「気づき」もあったかもしれません。

  • さりげなくフォローしてくれた人の優しさや力量を感じた
  • 睡眠不足はミスを起こしやすい。きちんと寝ることが大切だ
  • これからは、深呼吸をしながら焦らずに物事に取り組もう etc.

よい面に目を向けたり、フォローしてくれた人への感謝の気持ちを抱いたりすると、落ち込む気持ちから解放されて心がラクになりますよ☆

成長するチャンス

ミス=失敗ですが、そもそも「自分の辞書に失敗はない」と思っている人もいます。

たとえば、かの有名なエジソンは電球を発明するまでに1万回失敗したと言われていますが、本人は「失敗ではない。うまくいかない方法を1万通り見つけただけだ」と言ったそうです。

他にも、あらゆる本を読んでいると

  • 失敗するごとに成長していく
  • 失敗を機に大きな成功への扉が開いた
  • 失敗のない人には大きな成功もない

なんて言葉が読み飽きるぐらい出てきます(笑) 大きな失敗、大きな成功でなくても、「ミスが自分を成長させてくれた」と考えれば、心がラクになるかもしれませんね(*‘∀‘)

まとめ:心がラクになる感覚を大切に…

ミスをして落ち込みすぎている時の立ち直り方や、心がラクになる考え方について、お伝えしてきました。

繰り返しになりますが、自分に合う立ち直り方や、自分にしっくりくる考え方を選びましょう (^-^)

この記事の内容以外の方法や考え方も、たくさんあります。飽くまでも「自分の心がラクになる」が大切!

自分専用の「ミスをして落ち込みすぎている時のトリセツ」をつくるのもオススメですよ☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。