「過去の後悔ばかり」をやめる3つの方法。まずは試してほしい!

佳見 そら

悩む女の子のイラスト

以前の私も、過去のことに後悔ばかり (*´Д`)

  • どうして、あんな言い方をしちゃったんだろ…
  • あの行動や振る舞い、本当に恥ずかしいよぅ…
  • もし、あの時、違う方を選んでいたら…

とにかく過去、過去、過去。

過去のことを考えて「楽しくなる」ならいいんだけどさ。後悔ばかりで、どんどんネガティブになるし (>_<)

辛い、ですよね…。

ここでは私の学びや経験から、後悔を「意味のある反省」に変える方法や、後悔をやめる (減らす) 方法についてご紹介します☆

あなたに合った方法が、見つかるといいな。

過去の後悔は「what」や「how」で

「過去の後悔ばかり」をやめる方法をご紹介する前に‥‥。

過去の後悔ばかりする自分を「ダメだ」って思う必要はないです。毎日生きてりゃあ、後悔することもある。

ただ、楽しく幸せに生きたいのなら「ダラダラ過去の後悔 ⇒ どんどんネガティブ」はやめた方がいい (‘_’)

そのためには「why」と「if」の思考をしないことです。 たとえば、

  • 「どうして」あんなことをしてしまったのだろう
  • 「なんで」ああいう言い方しかできなかったのだろう
  • 「もし」あの時に違う言い方や行動・違う選択をしていたら

などと考えていると、ダラダラ長引き、ネガティブな方向 (自己否定や自責) に進みがちになるのですね。

後悔は、してもいい。でも意味のある「反省」に変えちゃう!

そのためには「what」と「how」の思考に変えることです。

  • この出来事から気づけたことは「何」だろう
  • 神様は、この出来事から「何」を学ばせてくれたのだろう
  • 自分が幸せに生きるために、今できることは「何」だろう
  • 「どんな方法」をとれば、違う展開になったのだろう
  • 同じ後悔をしないためには「どのように」すればよいのだろう

せっかく後悔に時間を使うなら、これからの人生に役立つ時間にしませんか?

自分を客観的に眺めてみる

「過去の後悔ばかり」をやめる一つ目の方法は、自分を客観的に見てみること。

ブッダの教えや心理学的にも、「あっ今自分、こうなんだ」「自分、こう思ってる」などと冷静に眺めることで、ネガティブ感情が軽減されると言われています。

すでにこの記事を読んでいる方は、過去の後悔ばかりしている自分に気づいている! それだけで、気づいていない時の自分に比べたらマシなはず☆

これにちなんで、私流にアレンジした方法を 2つご紹介します!

【1.高い所から世の中を見下ろすイメージをする】

空をゆっくり飛んでいるイメージ。そこから世の中を見下ろしてみると。

ただ静かにたたずむ樹木、本能中心に行動する動物、ビルやマンションもいっぱいある。

いろんな人がいる。忙しそうに働く人、趣味を夢中になって楽しんでいる人、ボケーっと何も考えてない人‥‥、もちろん過去の後悔ばかりしている自分もいます。

【2.この世の中をドラマ、仮想現実、ゲームの中と考える】

スピリチュアルの世界では「この世は仮想現実」とよく言われます。

そう思うと‥‥自分も人も、ただのドラマの登場人物、ゲームの中のキャラクターみたいなもの。

いろんな登場人物、いろんなキャラクターがいる中で、自分は「過去の後悔ばかりしている」役を演じています。本当の自分は、そうではない。(生まれつき後悔ばかりしているわけじゃないし)

そういうことを想像するだけで、いい意味でバカバカしくなり、心がラクになる人もいるかもしれませんね。決して「自分はダメ」と思う必要はなく、あなたは「今と違う自分」になれるし、なってもいいのです。

心がラクになる考え方を選ぶ

「過去の後悔ばかり」をやめる二つ目の方法は、心がラクになる考え方を知ること。

過去の後悔に限らず、心が辛い時は「自分の心がラクになる考え方」を見つけられると、辛さが軽減しますよ!

「あの時の自分の精一杯だった」

人との会話も、仕事も、日常生活も。

日々の生活は流れるように動いていて、その中で私たちは

  • 自分が何をどう話すか
  • 自分がどう行動するか
  • 自分がどんな態度をとるか

などを瞬時に判断し、それを表に出しながら生きています。プラス「無意識のもの」も多くある。

心も体も絶好調!な日もあれば、なんか疲れてしょうがない日もある。

また、小さな選択から大きな選択まで‥‥人生は「選んで決めて動く」の繰り返しです。

いつもいつも、自分の最善を尽くせるわけではないよね。しかも、過去のその時は「先の未来」なんてわからないし (‘_’)

ましてや多くの人とかかわり合いながら生きており、人はそれぞれの「好み」「環境」「経験」「価値観」などを持っています。思うように受け取ってもらえないこともあるのは、もう仕方がない。

きっと過去に後悔ばかりするような人は、すでにその時その時を「一生懸命に生きている」ことと思います。

その後悔している過去の出来事も「その時の自分の精一杯だった」と優しく包みこんであげる。明らめる (明るく認める、明るく諦める) のもよいでしょう。

そうやって、自分だけは自分のことを、大切にいたわってあげませんか?

「あれがベストだった」

宇宙でも神でもいいのですが、目に見えぬ大きな存在は、常に愛をもって私たちに寄り添ってくれている。

人生で辛いこともあるけれど、そこから学びを得て成長できるようになっており、最終的には幸せに導いてくれる。

すべては宇宙や神さまの采配で、そのすべては完璧。

と信じられなくてもいいけど、そう思い込んでみる (^-^;

それが本当なのだとしたら、後悔している出来事も宇宙や神さまが与えてくださったことで、ベストなことだった。後はあなたが、その出来事をどうとらえ、前に進んでいくかだけなのです。

このように、生活にスピリチュアルをちょこっと取り入れるのも一つ。ここでは触れませんが、カルマや宿命、魂の道などについて正しく学び、自分が幸せに生きる方法として上手に利用できると心もラクになります☆

アファメーションを続けてみる

でも、自分の腑に落ちない限り、なかなか心からはそう思えない…。

アファメーション (その考え方を繰り返しつぶやく) で、潜在意識に入れていくのも一つだと思います☆

これは脳科学や心理学、コーチングなどで使われる「テクニック」「メソッド」なのです。

私も日々やってますが 、

  • 自分は頑張った
  • あれがベストだったのだ
  • あれはあれでよかったことにする
  • すべてはうまくいっているのだ
  • ありのままの自分で完全 etc.

自分が「ポジティブ」「幸せ」になれそうな言葉を選び、毎日つぶやいてみる。少しずつ少しずつ自分の心がそこに近づいていくのが、おもしろいですよ (*’▽’)

今に集中する

「過去の後悔ばかり」をやめる三つ目の方法は、今に集中すること。

今に集中する方法を、3つに分けてご紹介します☆

今できることを考え、行動に移す

少々キツイかもしれませんが…。過去の後悔ばかりしている人は、そういう時間と心の余裕があるとも言えます。

やることがたくさんあったり、それどころではない悩みを抱えていたり、今を存分に楽しんでいたり‥‥。そういう人は、過去の後悔をしているヒマがありません。

よって、何でもいいので「今できること」を考えてみたり、行動に移したりすること☆

たとえば、今の仕事を選んだことを後悔しているのなら、そこで自分は何ができるのか。結婚を後悔しているのなら、少しでも関係をよくするにはどうしたらいいかを、まずは考える。

(このようなケースでは、考えて行動に移した上でも「違う」と思えば、転職や離婚の選択肢もあるでしょう。)

そうでなく「なんか知らないけど過去の後悔ばかりしちゃう」という人は、

  • SNSを始め「毎日更新する」などの目標を立てる
  • 運動や習い事、ボランティアなどを始めて、懸命に取り組む
  • 自宅の隅から隅まで断捨離や掃除を行う

など「過去の後悔ばかりする隙を与えない」のも一つの方法です!

いろいろな「心にいいこと」を試す

私の経験からは「心にいいと言われていること」をいろいろ試すのがオススメ (^-^)

  • 深呼吸や瞑想を生活に取り入れる
  • 軽い運動、ストレッチなどをする
  • 午前中の日光を浴びる
  • 森林浴や自然の多い場所での散歩をする
  • 断捨離や整頓、掃除をする etc.

やはり、過去の後悔ばかりする隙を与えないよう、いろいろ詰め込んで試してみるのもよいでしょう。

やり方については、以下の記事をどうぞ☆

環境の変化の中メンタルを保つために…心の疲れに効く7つのこと。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

日常生活を丁寧に行う

まあ、あえて何かをやり始めなくても、日常生活を「集中して丁寧に過ごす」ことでもよいですね。

たとえば、

  • 食事⇒その料理について考える。よく噛み、感謝しながら味わう。
  • 掃除⇒効率的な方法を考えたり、キレイになる感覚を五感で味わったりする。
  • 歯磨き⇒一本一本をゆっくり丁寧に磨く。

一つ一つの行動を、そのことについて真剣に考えたり、超丁寧に味わいながらやったりし、全神経を集中させるイメージ。やはり過去に後悔ばかりする隙がなくなりますよ (*‘∀‘)

具体的なやり方・コツについては、ぜひ以下の記事を☆

今に集中するコツがやっとわかった。日常生活で練習しラクで幸せに。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

まとめ:決して自分を責めないで…

過去のことに後悔ばかりする方へ。「後悔をやめる (減らす) 方法のあれこれ」をご紹介してきました。

繰り返しになりますが、決して自分を否定することも責めることも、しなくていい。

どうしても「過去の後悔ばかりがやめられない」「強いトラウマがある」「うつっぽい症状がある」などの場合は、心療内科やカウンセリングに通うなど、専門家の方の力を借りることも考えてみてくださいね。

そうでない場合は、いろいろな方法を試し、少しでも過去のことに後悔する時間が減りますよう、祈っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。