今に集中するコツがやっとわかった。日常生活で練習しラクで幸せに。

佳見 そら

深呼吸をしている女性のイラスト

「今に集中すること」が大切。と言われても、難しい…。

私は超ネガティブな自分を変えるため、4年前から本気で! あらゆる実践をし始めました (*’ω’*)

その一つ「今に集中すること」は、なかなかコツをつかめませんでした。不安や後悔など、余計なことを考えてばかりで‥。

少しずつネガティブが改善されてからも、「今に集中って、なんかよくわからない」( ;∀;)

でも最近なんとなくわかってきて、コツもつかめたと感じます。ようやく(笑)

ここでは、なぜ「今に集中すること」が大切かを簡単に解説し、日常生活の中で「今に集中するコツ」をつかむ方法をお伝えします。

なぜ「今に集中する」が大切なの?

今に集中することが、心に「ラク~」や「幸せ~」を与えてくれるのって、なんで? 簡単にお伝えします。

頭も心もネガティブにならないから

たとえば、おもしろい話を聞いてゲラゲラ笑っている時。→「今」に集中しています。

反対に、つまらない長話を聞いている時はどうでしょう。→ つい別のことを考えてしまう場合も多いのでは?

人間の脳は、1日に6~10万もの思考をしていると言われています。

しかも個人差はあれど、意識しないと「ネガティブな方向」に考えがちになるとか‥(危険回避などの「本能」により仕方ないそう) (‘Д’)

「ネガティブな方向」って? たとえば

  • 人や物事に対する批判・否定
  • 過去の嫌なことや後悔
  • 今後の心配、不安なこと etc.

こんなことばかり頭で考えていては、心も「どんより」、もしくは「イライラ」。

「今していること」に集中ができれば、頭も心もネガティブにならないのです。仮につまらないことでも、そこに集中すれば「余計なこと」は考えずに済むわけです (つまらないことをやり続けるのがよいかは別問題(笑)。

仏教の教えや幸福学でも言われている

仏教でも「今、ここに集中して生きる大切さ」が説かれています。

今に集中することで、心が過去にも未来にも引っかからない。時の流れは「今」の連続で、過去にどんなことがあろうと、今の生き方次第で未来は変えていける。だから「今」が大切、ということ。

もちろん仏教で言う「今に集中すること」を深めるには、より深い学びや実践が必要にはなります。

また、幸せを科学的・客観的に追究する「幸福学」の分野でも、調査や研究から「今に集中することが幸せにつながる」と言われています (^-^)

日常生活で「今に集中」を練習する方法

「今に集中する」って? 私がどんなことで、どう練習し、どうコツをつかんだのか、お伝えします。

行動をしっかり感じる・味わう

今していることに対し、しっかりと「感じよう」「味わおう」と意識する方法です。

以前の私は、何をしていても

  • 「明日の仕事、不安で仕方ない」
  • 「自分って、ダメダメだな」
  • 「〇〇さん、どう思ったかなぁ」

などと、余計なことを考えてばかり (~_~)

仕事も家事も子育ても、趣味も食事も入浴も歯磨きも‥‥。そのことをきちんと「感じる」「味わう」ことをすれば、余計な考えを浮かばなくさせることができる、というわけです。

「ブッダの教え一日一話 (アルボムッレ・スマナサーラ著)」という本に、一つ一つの行動を「動詞」で区切って確認する提案がなされていました。たとえば、

  • 料理‥‥「(皮を)向く」「切る」「(油を)ひく」「炒める」
  • 食事‥‥「座る」「箸でつかむ」「口に運ぶ」「噛む」「味わう」「飲み込む」
  • 散歩‥‥「歩く」「景色を見る」「音を聴く」「匂いを嗅ぐ」etc.

「この行動には、どんな動詞があるだろう」と考えたり、その動詞の感覚をしっかり味わったりすると、その行為だけが進んでいくのです。不安も悩みも苦しみも、消えてくれます☆

ゆっくりと、丁寧にやってみる

前述と重なる部分もありますが、一つ一つの行動を「ゆっくり、丁寧にやろう」と意識する方法です。

武田双雲さんの著書「のびのび生きるヒント」を参考に、私もたまに取り入れています。

時間に余裕がある時に限りますが、普段テキトーにやっていることを、あえて丁寧にやってみる!

  • 洗濯物をきっちりたたむ
  • きちんと泡立てて丁寧に体を洗う
  • 一本一本の歯をゆっくり磨く etc.

ゆっくり丁寧に行うと、五感でしっかり「感じる」ことがしやすくなります。今まではさらっと流していた感覚を味わったり、今それをできることに感謝したりしながら、いい気分で実践しています☆

そのことについて考える・試す

何かをしながらも、ネガティブな後悔や不安が頭から離れない (>_<)

そんな時に、今していることについて、とことん考えたり試したりする方法です。たとえば、

  • 家事や仕事など‥‥もっと効率的かつ質を高める方法を考えよう
  • 子どもとの会話‥‥育児書に書かれていた声がけを試してみよう
  • 散歩‥‥(周囲を観察し)あの看板は、何か意味があるのだろうか?
  • 野球観戦‥‥ピッチャーが次に投げる球はストレート?フォーク?
  • ルーティン作業‥‥いつもと違うやり方を試してみよう etc.

そのことについて「とことん考えよう」「試そう」と思うと、意外と楽しいですよ☆ 楽しければ、ネガティブな考えも浮かびませんしね (*‘∀‘)

家事や単純作業は絶好の機会!

そう。家事や単純作業、ルーティン作業って、今に集中する練習に最適!

「家事大嫌い」だった私も、そう思うと楽しくなったのです (*‘∀‘)

佐藤伝さんの「ほっとする習慣」という本の中では、家事を「動的瞑想」と表現しています。今まで家事をしたことのなかった男性が「無になれる感覚がいい!」と言って家事にハマった、という実話もあるとか。

  • 家事や単純作業ってメンドクサイ
  • なんで自分ばっかり…
  • もう、やりたくないよ~

と考えがちな方は、「今に集中する練習」と考えてみてはどうでしょうか?

瞑想を実際にやってみる

3年ぐらい前から、瞑想を1日2回やっています。

不安や気にしすぎばかりの自分を変えたくて始めました。実際に効果を感じていますし、

  • 集中力を高めるトレーニング
  • 「今ここ」を感じて気づく練習
  • 頭をからっぽにする練習

として、瞑想は今に集中するコツをつかむための方法、だとも強く実感しています。

瞑想中、雑念(集中を妨げる余計な思い)が浮かんでもOK! 雑念に気づき「雑念がわいたなぁ」と思い、そっと雑念を追いやって、また呼吸に集中する。これを習慣にすることで、瞑想の効果を感じられるようになってきますよ☆

と偉そうに言っても、私はゆるく続けているだけ。よかったら瞑想の効果とやり方、私の実践などをまとめた以下の記事も、読んでみてくださいね (*‘∀‘)

瞑想の効果。怪しくてもゆるいやり方でも、まずやってみよう! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

ちなみに「瞑想の経験年数が長い人ほど不安感が少なく、集中力が高い」という実験結果もあるそうです!

何かをじっと見つめてみる

以前の私は、脳が多動。いつも何かを考えている‥‥(ほとんどがネガティブなこと (-“”-)

でも考えすぎて疲れて、たまに頭がボケーっとなる。

頭がボケーっとなった時、どうやらどこか一点を、じっと見つめているのだそうです。壁とか自分の手のひらとか(笑)

そこから思いついたのが、どこか一点をじっと見つめて、今に集中する方法!

ネガティブで頭がいっぱいの時には、物でも文字でも絵でもいい。何かをじーーーっと見つめてみると、頭がからっぽになり、今に集中できるかもしれませんよ☆

「今に集中するとラクで幸せ」は本当!

まずは方法を試し、今に集中する感覚や、余計なことを考えていない状態を「知る」ことが大切です。

ネガティブなことで頭がいっぱいの時間より、絶対に心がラクで快適なはず☆

「知る」ことさえできれば、あとはその時間を増やすようにすればいいだけですよね (*’ω’*)

無理のない範囲で取り組み続けていけば、自然と「今に集中するコツ」がつかめる日が来ると思います!

この記事をお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。