目標達成のために。続けるモチベーションは恐れか幸せか?

佳見 そら

カレンダーを見る男性のイラスト

目標を立てて、頑張ろうと思っている!

その気持ち、大事にしてあげたいですよね (*‘∀‘)

達成させるためには、モチベーションの維持が不可欠☆

ここでは、モチベーションについて簡単に解説した後、「恐れ」から生まれるモチベーションの例と「幸せ」につながるモチベーションの例を3つずつ挙げます。

目標達成のために何かに取り組むと、余計な不安や気にしすぎも軽くなりますよね。

自分にとって維持させやすい「続けるモチベーション」を見つけ、コツコツ取り組み続けてみませんか?

モチベーションとは

モチベーションとは「動機づけ」のこと。

人は行動する時に「動機 (理由)」が必要になります。「なぜそれをするのか?」という理由があるから「行動する」という意欲が生まれるのですね (*‘∀‘)

「目標:体重10kg減!」を例に挙げると‥

  • 痩せてキレイorかっこよくなりたいから
  • 着たい洋服が着られるように
  • 生活習慣病を予防するため

などがありますね (‘ω’)

モチベーションは、最初に持っただけでは意味なし。目標を達成するまで、保ち続ける必要があります!

モチベーションは、一般的に

  • 「外発的動機づけ」と
  • 「内発的動機づけ」

に分けられると言われています。

外発的動機づけとは、「お金がもらえる」「叱られる」など、自分の外で起きることに対して動機づけをすること。比較的行動に移しやすい反面、続けるモチベーションにはなりにくいです。

対して内発的動機づけとは、目標達成に向け、心から意味や意欲を感じ、本気で取り組みたいと思える動機づけをすること。比較的行動を始めることは難しいですが、モチベーションは維持されやすい傾向があります。

私はこの2つをひっくるめた上で、続けるモチベーションは「恐れから生まれるもの」と「幸せな感情につながるもの」があると思っています (^-^)

次章から、具体的なモチベーションの例を挙げていきます☆

恐れから生まれるモチベーション

なぜその目標を達成したいの? 恐れから生まれるモチベーションの例を3つご紹介します。

「こうなったら嫌だ」を思い浮かべる

カンタン。どんな目標であっても「今のままじゃ嫌だ」をモチベーションにする方法です。

下手したら「もっとヒドイ状態になる」こともあるでしょうし、目標を達成できなければ「怒られる」なんて場合もあるかもしれませんね (´Д`)

ダイエットを例に挙げると、目標達成のための行動を続けられなければ、

  • 今のように太ったまま(;’∀’)
  • 下手したら、もっと太る可能性もある~(*_*)
  • オシャレな洋服が着られないどころか、今ある服も着られなくなるかも~ ( ゚Д゚)

こんな気持ちをモチベーションにするのです。

これは、心理学のプロスペクト理論の「損失回避性」でも説明ができます。

損失回避性とは、利益から得られる喜びより、損失から得られる苦痛の方が大きいために、損失を利益よりも重視する心理現象のこと。

わかりやすく言うと、「痩せた~」という喜びより「今のまま、もしくはもっと太る」という苦痛の方が心理的に大きい。それをダイエットを続けるモチベーションに利用しよう! というわけですね☆

期限を決める(期限がある)

「夏までに」とか「〇月までに」とか、期限を決める (もしくは期限がある) 方法です。

たとえば、

  • 夏までにダイエットしないと海やプールに行けない
  • 4月までにある程度の英会話ができないと仕事にならない
  • この期間までにこれができなければ上司に叱られる

などがありますね。

「その期間までに目標達成できないと自分にデメリットがある」という理由から、自分を追い込む方法です (‘Д’)

人を巻き込む

他人を巻き込み、やらざるを得ない状況に持っていく方法です。

たとえば、

  • 「〇月までに目標を達成する」と人に言う
  • 毎日続けると決め、その様子をSNSで報告する
  • 一緒に取り組めそうな人を探して、共に頑張る

などがありますね☆

「目標を達成できなければ恥ずかしい」「続けられなければみっともない」と思える相手を見つけることも大切です (^-^;

幸せにつながるモチベーション

なぜその目標を達成したいの? 幸せにつながるモチベーションの例を3つご紹介します。

メリットを思い浮かべる

その目標を達成した自分って、どんな感じ? ワクワクしながらイメージする方法です。

  • 痩せてキレイorかっこよくなった姿
  • 仕事がスムーズにでき、気分がいい
  • 毎日が快適で心地いい etc.

目標を達成させて「嬉しい」「喜んでいる」。そんな自分の姿を思い浮かべ、モチベーションにするのです☆

いい気分で思い浮かべていると、潜在意識に目標達成した自分の姿が刻み込まれます。潜在意識に入ることで、自然と目標達成のための情報が入ってきたり、行動に移しやすくなったりするのです!

ポイントは「できなかったらどうしよう」「どうせ無理」などの不安や恐れを一切捨てること。目標達成した自分の姿をただ思い浮かべ、「ワクワク」「幸せな気分」になることが大切です (*’▽’)

行動の中に喜びを見出す

スポーツ選手、人気ブロガーやユーチューバー、各分野での成功者‥‥「積み重ねが大事」と言うのをよく聞きます。

たとえば、日本とアメリカで大活躍されたイチローさんの言葉に「小さいことを積み重ねるのが、とんでもない所へ行くただ一つの道」というものがありますね。

これらを踏まえれば、今結果が出なくても「続けていることが成功につながるんだ」と、幸せに感じることもできるでしょう☆

また、目標達成のために行動を続けると、何らかの小さな変化が得られることも多いです。たとえば、

  • 体重を5kg減らすのが目標で、2kg減らせた
  • 英会話で、内容を聴きとれることが徐々に増えてきた
  • 1ヶ月前に比べると、確実に自分が成長している etc.

そんな時に「まだまだ」と思うのではなく、「自分、頑張ってるぞ!」と褒めたり、存分に喜んだりする (*’▽’)

嬉しいから、また行動したくなる。こうして続けるモチベーションを維持していくのです。

詳細は割愛しますが、自分がいい気分でいることで、ますますいい気分になることが現実として起こりやすくなる。そういう「宇宙の法則」もありますよ☆

楽しくやれる方法を考える

何かを続けるのって、つらい?

でも、そもそも行動自体が楽しければ「続けるのがつらい」ということはなくなります。

目標達成のために続ける行動を、できるだけ自分が「楽しい」と思える方法にする。それだけで続けるモチベーションが高まりますよね (*’▽’)

楽しい方法を選ぶだけでなく、

  • 楽しく取り組める「仲間」をつくる
  • 途中途中で、自分に小さなご褒美をあげる
  • 笑顔で取り組む (脳が「楽しい」と勘違いするから)

など、楽しく取り組める工夫はいろいろあるでしょう☆

自分に合う方法+楽しく行動する工夫ができると、目標が達成されてもされなくても、その努力している時間が「幸せな時間」となるのです (^-^)

続けるモチベーション。自分に合うものを!

「目標達成」と一言で表しても、

  • 仕事の目標なのかプライベートの目標なのか
  • 大きな目標なのか小さな目標なのか
  • 深刻な内容なのか、そうでないのか‥

それぞれでしょう。合わせて、人は性格や価値観、環境、過去、得意なこと・苦手なことなど‥‥一人一人違いますよね。

ぜひ、目標の内容や自分の特性を考えた上で、合うモチベーションを選んでみましょう。恐れと幸せを組み合わせてもOK (*‘∀‘)

目標を紙に書くのもオススメですよ! よかったら以下の記事も読んでみてくださいね☆

夢や目標を紙に書く効果。簡単な方法でまずは試してみよう! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

モチベーションを保ち続けることができれば、目標を達成しやすくなります☆ お互いに頑張りましょう (*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。