深呼吸の効果を自分で感じよう!生活に取り入れる方法とコツ。

佳見 そら

深呼吸って、体にも心にも多くの効果があるんですよね☆

私は長年にわたる「気にしすぎ」「弱メンタル」‥‥それを本気でどうにかしたくて、いろいろなことを実践してきました。

深呼吸も、その一つ。

といっても、ゆる~く無理なく。結果的に長く続けることができています (*^_^*)

ここでは深呼吸の効果と、正しい深呼吸について簡単に解説し、私の具体的な実践方法についてまとめていきます☆

深呼吸の効果をスピード解説

深呼吸の効果が書かれた本やサイトは、数知れず。私もたくさん読んできました!

申し訳ございませんが、ここには詳しく記しません( ;∀;) 深呼吸の効果をまとめると、

【体に期待できる効果】

  • 血圧の上昇を抑える
  • 血流をよくする
  • 腸の働きをよくする
  • 寝つきをよくする
  • 免疫力を高める
  • ダイエットになる
  • 緊張をほぐす
  • 疲労を回復する

【心や脳に期待できる効果】

  • ストレスを和らげる
  • リラックスできる
  • イライラや怒りをしずめる
  • 不安を和らげる
  • 緊張を和らげる
  • 集中力を高める

「深呼吸ってこんなに多くの効果があるの?」と思いましたね! 特に「体へ期待できる効果」の多さには驚きました ( ゚Д゚)

私はとにかく

  • すぐ焦る
  • イライラしがち
  • 不安や恐れが多い

‥‥笑っちゃうぐらい、こんな状態でした。実はこれらの感情の時、呼吸は無意識に「浅く」なっています。

呼吸が浅いと、

  • リラックスできない
  • 自分の本来の力を発揮しにくい
  • さらに「イライラ」「不安」などを招きやすくなる

と言えます。(もちろんリラックスしすぎていても力を発揮しにくいです。程度にもよります。)

私が最も注目したのは、さらに「イライラ」や「不安」「焦り」などを招きやすくなるという点。

これ、悪循環そのもの…(‘_’)

「深呼吸を習慣にすれば少しは変われるかも! どこでも気軽にできるしお金もかからないし!」ということで、光を感じつつ取り組むことにしたのです☆

正しい深呼吸の方法って…?

「正しい深呼吸の方法」。いろいろ言われているんですよね。

  • 腹式呼吸がよい
  • 鼻から吸って口から吐き切る
  • 鼻から吸って鼻から吐き切る
  • 約5秒吸って約10秒吐き出す
  • 吸い込んだ後、息を数秒止めてから吐き出す
  • 途中で息を止めるのはNG
  • リラックスできる環境で行う
  • 1日10分を3セット行う
  • 肺の中に空気を送り込む感じで
  • 吐く時は心の中の悪いものを出し切るイメージで

もっともっとあって、書ききれません( ;∀;)

お気づきだと思いますが、反対のことを言っている内容もありますよね。あと「肺の中に空気を送り込む感じ」‥‥私には残念ながらわかりませんでした (‘_’)

私はシンプルに、こう考えました。

  1. 「浅い呼吸」は体にも心にもよくない
  2. 「深い呼吸」を体に覚えさせてあげよう
  3. 方法にこだわらず、とにかくやってみよう

「どれが正しい方法かわからない」→「や~めた!」が最も残念だと思います。

結局私は、自分が心地よいと感じた方法、

【鼻から5秒弱吸って、口から「ふ~」と10秒ぐらいかけて吐き切る】

を取り入れています。できるだけ腹式呼吸を心がけてもいます☆

気分によっては、きれいな自然の画像やピンク色をイメージしながら息を吸い、心の中の黒や灰色を外に出すようなイメージで息を吐き出すこともしています。

私の深呼吸実践について

「深呼吸がよい」と知った直後は実践しても、それでおしまい。

そうならないためには、どんな時に深呼吸するのかを決めてしまうのもよいでしょう☆

私は瞑想(といっても1回5分ぐらい)を1日2回取り入れていますが、深呼吸は「単発」って感じで無理なく取り入れています。どんな時に深呼吸しているのか、まとめていきます (*^_^*)

「気づいたら」深呼吸

基本的に「気づいたら」やっています。私は前述の通り、

不安やイライラなどのマイナス感情が多い=浅い呼吸が慢性的

になっていました。よって体に深い呼吸を覚えてもらい、無意識のレベルで改善したかったからです☆

つらく感じた時

「つらい」と感じる時は、心が「マイナス感情」で占めることが多くなりがち。

「リラックスできるぞ~」と思ったり、何も考えず頭をからっぽにしようと意識したりしながら、深呼吸を心がけています (^-^)

イライラする時

以前よりはだいぶマシになりましたが、どうしてもイライラしてしまう時があります。(ホルモンバランスのせいにしてしまおうかな…笑)

  • 運転中の渋滞
  • 行列に並んでいる時
  • 子どもが言うことを聞かない時

などなど‥‥。「イライラしたら深呼吸」っていうマシンを体に入れたと思って、機械的にやっています☆

緊張を感じた時

程度の差はあれど、「緊張する」と思う時は多くの人にあるでしょう。

私は最近「今、緊張している」と気づけることに対し、ありがたいと思っています。なぜなら、気づければ何回か深呼吸をして、少しでも緊張を和らげることができるからです (*‘∀‘)

  • 大事な仕事や会議、発表などの前
  • 満員電車に乗る前
  • カフェで隣に人が来た時 etc.

人前の場合は控えめに‥‥でも深い呼吸を意識して取り入れています☆

入浴中

ただでさえリラックスできる時間ではあるのですが…。

たとえ小さなことでも、今日あった「よいこと」を思い浮かべながら深呼吸をしています (*^_^*)

車の運転で赤信号の時

これも機械的に。「赤信号=深呼吸!」

もともと車の運転には苦手意識があり、今でも知らない道は「不安」と「怖さ」のオンパレードです( ;∀;)

運転中はおそらく呼吸が浅いので、赤信号で止まった時は深呼吸をしながら緑色になるのを待ちます。

あっ、なかなか右折できない時なども一度深呼吸(きちんと他の車の動きなどを見ながら)。焦っても早く右折できるわけではないですし、事故につながってもいけないですからね (^-^;

トイレの個室の中で

「えっそこまで…?」と思った方。はい、そこまでやっています(笑)。

個室にいる時に、たとえ1回でも目をつぶりながら深呼吸。

誰にも見られないですし、かなりリラックスできますよ~(*‘∀‘)

まとめ&取り入れポイント

「気にしすぎる自分を改善したい!」。最後に今回の記事のまとめと、実践するポイントをお伝えします。

★今回のまとめ★:時間もお金もかからない「深呼吸」には心身に多くの効果がある!

★実践ポイント★

  • 「正しい方法」にとらわれすぎず、まずはやってみよう!
  • 忘れてしまう日があってもOK。思い出した時に実践し、長く続けていこう。
  • 少しでも「リラックスできている感覚」を大事にし、感謝しながら行おう。

ふ~‥‥たとえ斜め読みでも、一つの記事を読み終えた~。ということで、一度深呼吸してみてくださいね (^-^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。