自分で自分に「おめでとう」って言う効果。いつも勝手に幸せ気分!

佳見 そら

「おめでとう」のカードが入った花束のイラスト

「おめでとう」って言われると、どんな気分?

照れくさい? 申し訳ない気分になる?‥‥でもやっぱり「嬉しい」人が多いのでは?

大人になって、人から「おめでとう」って言われる機会がめっきり減ったから。

私は生活の中で「自分で自分におめでとう」を連発させています (笑)

ただ楽しんでいるだけでなく、ちゃんと意味もあるので‥‥( ;∀;)

この記事で、自分で自分に「おめでとう」と言う効果と、私の実践方法をご紹介します☆

自分で自分に「おめでとう」‥なぜいいの?

自分で自分に「おめでとう」って言う効果を、3つに分けてお伝えします☆

自分を認める機会をつくれる

心をラクにし、楽しく生きるためには、

  • 自己否定しない (してもすぐに切り替えられる)
  • 自分を責めない (責めてもすぐに切り替えられる)
  • 自分で自分を褒める・認めることができる

ことが大前提になってきます☆

中でも「自分で自分を褒める」ことは大切。たとえば他人から褒められなくてもダメ出しされたとしても、「自分としてはよくできた」「自分なりには頑張ったよね」などと思うのは自由です (*´▽`*)

自分で自分に「おめでとう」って言おうとすると、

  • 日々の生活の中での小さな成功とか
  • 自分なりに上手くできたこととか
  • 望みどおりに展開し「自分、運がいい~」って思うこととか

を脳が探しやすくなり、自分で自分を褒める機会が増えるのですね (*‘∀‘)

といっても、自分を褒める・認めるのが難しいという方へ‥‥

以下の記事では「自分を認めるのが難しい理由」と「簡単にできる自分を認める方法」をご紹介しています。

自分を認める3つの方法。簡単だから毎日やってみよう! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

小さな幸せを感じる機会をつくれる

「幸せは自分の心が決めるもの」と言われます。

たとえば同じつらい状況でも「つらい」と思い続けるか、それとも「この状況だからこそできることをしよう」「これもいい経験・学びの機会だ」などと思うのか‥‥。すべて自由 (^-^)

あるいは「つらいこと」をずっと考え続けるか、さっと切り替えて「楽しむことは楽しむ」という方向に持っていくのか。これも自由なわけです☆

今の私は、積極的に「自分を幸せにする考え方」を採用するようにしています (*’ω’*)

感情に関しても、マイナス感情はできるだけ引きずらない。一度受け入れてから、さっと捨てちゃう。反対に

  • うれしい
  • 楽しい
  • おもしろい
  • ありがたい
  • ツイてる!

などのプラス感情は、必要以上に大げさに感じるようにする (笑)

自分で自分に「おめでとう」って言う時、私の場合は勝手に「うれしい」「楽しい」「ありがたい」「ツイてる」というプラス感情になっています!

だから私にとっては効果的☆ 「おめでたい奴だなぁ」ってバカにされても関係なし !(^^)!

逆に「ムナシクなる」「全然楽しくない」という人は、やらない方がいいことになりますね (;’∀’) 勝手に一人で盛り上がれるタイプの人には、オススメですよ☆

「予祝」「前祝い」には効果がある

「予祝 (よしゅく)」ってご存じですか?

私は、ひすいこたろうさん&大嶋啓介さんの著書「予祝のススメ・前祝いの法則」という本で知りました。

辞書にも載っていて、意味は「あらかじめ祝うこと」

春のお花見、夏の盆踊りなんかも、もともとは「秋の豊作を願い、前もってお祝いする行事」だったそうです。

以下のような体験談も!

  • 売れない頃に「売れた~成功した~おめでとう」と言って皆で乾杯していたと言う芸能人とか
  • 「金メダル獲得です、おめでとうございます」と頭の中でイメージをし、実際に金メダルを獲得した選手とか
  • 高校野球の大会前や小学校の運動会前に実施して、本当にそうなって皆で喜んだとか‥‥

この他にも多数あるようです☆

もちろん100%そうなるかと言ったら、そうではないと私は思いますが、一応「そうなりやすくなる根拠」はあります。

ここでは詳しい説明を省きますが、よく言われる「引き寄せの法則」ですね。

引き寄せの法則の本当の意味は「今の自分の本心と同じものを毎瞬引き寄せている」ということ。これは脳科学や心理学、最新の量子科学などでも説明できます。

  • 今イライラしていれば、この先もイライラしやすくなるし
  • 今「幸せな気分」が多ければ「幸せな気分が多い未来」を引き寄せやすくなる

今の自分の心を整えることが、未来の自分にとって大事なのです☆

すなわち、自分で自分に「おめでとう」って本心から言っていれば、自分の未来におめでたいことが起きる可能性も高くなる! おめでたいことが多ければ、楽しいですよね (*’▽’)

自分で自分に「おめでとう」‥私の実践方法

どんな時、どんなふうに、自分で自分に「おめでとう」って言っている (思っている) のか。

5つに分けてまとめます (*^-^*)

朝「今日も生きられている、おめでとう」

毎朝、15分ぐらい瞑想をしていますが、最初に「今日も生きている。おめでとう。ありがとう。」と心の中でつぶやきます。

心筋梗塞で生きて起きられなかった祖父のことを思えば、本当にそう思います。

死んだような毎日をおくっていた頃のことを考えても、本当にそう思います。

最初の頃は「本当におめでたい&ありがたいと思う気持ち」は少なかったのですが、毎日続けているうちに、本当にそうだよなぁって思ってくるから不思議 ( ;∀;)

小さな成功におめでとう

本当に小さなことで OK!

  • 夕食が美味しくつくれたとか
  • ちょっとした交渉が上手くいったとか
  • チューリップの芽が出たとか

外で仕事やパートしていた頃なら、もっとありますね。

  • 何かができるようになった、おめでとう
  • 仕事や作業のスピードが上がった、おめでとう
  • いい成績や結果を残せて、おめでとう
  • 誰かに褒められた、おめでとう
  • 今日も無事に仕事を終えられた、おめでとう etc.

「おめでとう」だけでなく「ヤッタ~」でも「ツイてた~」でも、とにかくプラスの言葉をシャワーのように自分に浴びせる感じでしょうか (*‘∀‘)

他人にも積極的におめでとう

自分で自分に「おめでとう」だけでなく。

周りの人の「おめでとう」を見つけて、声をかけるようにもしています☆

「出産」「新築」「入学」「合格」「結婚」とかはもちろん、

  • 家族や近所の子、子どものお友達などの「誕生日」
  • 近所の子、子どものお友達などが賞をとった時
  • 父親が競馬で勝って気分よく報告してきた時なども‥‥。

これ、理屈抜きに

  • 言っているだけで、自分がいい気分だし、
  • 相手が喜んでくれれば、相手もいい気分だし、
  • そうなれば、その場の空気もよくなるわけです☆

あっ、大人への「誕生日おめでとう」は、不快にさせる可能性も高いかもなので避けてます‥(;’∀’)

ちなみに、脳や無意識の部分は、主語が理解できないそう。

誰かに「おめでとう」って言ったり褒め言葉をかけたりすれば、自分の脳にもダイレクトにその言葉が入る。で、「自分にもよい効果がある」というオマケつき!

反対に愚痴や人の悪口を言うことは、自分を痛めつけていることにもなり、その時スッキリしても後々よい影響を及ぼさないと言えます (´Д`)

でも人に「おめでとう」って言う時に「嫉妬」や「憎しみ」が伴う場合は、その感情や表情も自分の脳に入っていくので、無理して言わない方が身のためかな (‘_’)

大好きなプロ野球観戦でもおめでとう

野球が大好き。毎日プロ野球をテレビやパソコンで観戦しては、

  • ひいきの球団が勝てば「よかった~おめでとう」
  • 好きな選手が活躍すれば「ヤッタ~おめでとう」

優勝の時とかだけ「おめでとう」だと、優勝しなかったら1回も「おめでとう」って言うことがないしなぁ…(;’∀’)

未来にもおめでとう

気づいた時に、前述の「予祝」も取り入れています☆

  • 今も幸せ、未来も幸せ、おめでとう
  • どんなことが起こっても、前向きな考え方を選んでいける、おめでとう
  • 望みが叶いました、おめでとう

言葉に出すより、心で思うだけが多いかな (^-^;

前述の芸能人の方のような「周りの人と一緒に予祝すること」は、私には合わなそう…。いつでも一人で勝手に楽しく「自分で自分におめでとう」が、自分には合っています ☆

まとめ:自分が楽しい気分になれることが大切

自分で自分に「おめでとう」って言う効果と、私の実践についてお伝えしてきました。

べつに、この方法じゃなくてもいい。

人に大きな迷惑をかけることなどでない限り、なんでもいい☆

自分が心から「楽しい」「幸せ」って思えることをどんどん取り入れて、共にプラスの感情を生活に増やしましょう(*´▽`*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。