「楽しい」を見つけるプロになる!コツをつかんで毎日イキイキ

佳見 そら

「なんか楽しいことないかなぁ」が口癖になっていませんか? 何をやっても楽しそうな人って羨ましい(>_<)

でも「楽しいことが見つからない」「方法がわからない」という人も多いと思います。

以前の私も、気にしすぎる性格ゆえに、嫌なことが頭を占めていると何も楽しめませんでした。

自分を変えよう!と思ってからは、とにかく「楽しい」という感覚を大切にし、楽しいことを積極的に見つけるような感じで生活しています(*’▽’)

この記事では、私が実践してきた「楽しい」の見つけ方のコツを、お伝えしていきます。

「自分が楽しいか」が大事

たとえば、同姓・同世代の多くの人が楽しんでいることでも、自分が楽しくなければ意味なし‥。

とにかく「自分軸」が大事! 楽しいを見つけることに、他人は一切関係ないのです(*‘∀‘)

今までの人生を振り返る

「今、楽しいことが見つからない」という人も、過去には楽しいことがあったと思います。まずは、

  • 幼少期
  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • その後(〇〇会社時代、〇〇県在住時など)

に分けて、それぞれ楽しいと思っていたことを書き出してみましょう☆

ポイントは、「こんなこと‥」とか考えず、小さなことでも書き出すことです!

この中で、今でもできそうなことがあれば再度やってみませんか? 人に迷惑をかけることでない限り、再びやってもいいのです(*’▽’)

特に幼少期や小学生の頃の「好き」や「楽しい」には、その人の本当の「好き」や「楽しい」が隠されているとも言われています。

たとえば、

  • 昔大好きだったマンガや本を読む
  • 絵やイラスト、文章をかく
  • 手芸や工作、何かのコレクション etc.

「100円ショップで粘土を買ってきて、久々にやったらハマった」という友人もいます。

「楽しい」は、人に自慢するためのものではありません。かっこよくなくても大きなことでなくても、自分が楽しければOKなのです(*‘∀‘)

どんなことでも、今自分が楽しければ「自分は楽しめている」わけ。自信を持って楽しみましょう!

とにかく試してみる

やったことのあることも、ないことも。世の中には楽しめる(かもしれない)ことがたくさん☆

旅行(国内・海外・電車の旅・車での旅・路線バスの旅etc.)、食べ歩き、スポーツ、スポーツ観戦、楽器の演奏、音楽鑑賞、落語を聴く、観劇、美術館めぐり、料理、DIY、ガーデニング‥‥。

まずは行動。可能な範囲でいろいろ試してみませんか?

試すうちに、たとえば「ラーメンの食べ歩きは楽しいけどスイーツは寂しい」とか「次回はこうしてみれば楽しめるかも」など、発見があるかもしれません。

その気づきを大切にして、自分が楽しめることだけを続けていけばOK! 反対に楽しくなければ、どんどんやめてよいのですね (^-^)

自分なりの「楽しさ」を探す

時には、つき合いでしなければならないこともあるでしょう。複数人数で遊んだり食事をしたりする時は、自分の希望通りにいかないこともあると思います。

もちろん「自分は楽しくない」「何が楽しいの?」という態度をとれば角が立ちます。楽しくなくても「楽しい~」と演技したりね (^-^;

「自分は皆のように楽しめない」それもOK! ただ、自分が望まないことをする時にも、自分なりの「楽しさ」を探すことはできるかもしれませんよ。

  • 野球観戦→野球のルールはちっともわからないけど応援歌が面白いな
  • 原宿→流行りの雑貨に興味はないけど、集客できる要因を探してみよう
  • 映画→内容は面白くないけどカメラワークには惹きつけられるな
  • 気が乗らない飲み会→イケメン、可愛い、感じのいい店員さんがいるかも
  • 毎日同じメンバーでのランチ→それぞれのお店で料理を堪能してこよう

など、1つでも2つでも自分が楽しめること、いいなぁと思えることを探して、存分に感じてくるのです(*’▽’)

他の人と「楽しい」の観点が違ったっていい。少しでも楽しむことができれば、楽しめないより何倍もお得って思います。

「参加したくないことは最初から断る」。それもかまわないのですが、最初から「楽しくない」と決めつけるのはもったいない場合もあります。

たとえば動物嫌いの友人は、しぶしぶ動物カフェに入って以来ハムスターにハマりました。「行ってみたら意外と楽しかった」ということもあるかもしれないのですね☆

「楽しい」を引き寄せる

「楽しいこと、ないかなぁ」「つまらないなぁ」とつぶやく。 これ、どんどん楽しくない現実がやってくるから注意です (‘Д’)

「楽しい」が「楽しい」を呼ぶ仕組み

日々「楽しい」と感じている人は楽しい現実がどんどん引き寄せられ、反対の人は反対の現実がどんどん引き寄せられてくる。

理由を、まず脳科学の観点から簡単に。

脳には必要な情報だけを認識する機能があります。「つまらない、楽しいことがない」という思考の脳は同じようなことを認識しやすく、本当に「つまらない。楽しいことがない」という現実になりやすくなります。

次に心理学の観点から簡単に。

心理学者のコリン・チェリー氏によって提唱された「カクテルパーティー効果」。これはカクテルパーティのように多数の人が雑談している中でも、自分の興味ある人や自分の名前などは自然と聞き取れる、というものです。

人間は音を処理して、必要な情報だけを再構築していると言えます。たとえば、ただついているだけのテレビからも、自分の思考と同じようなセリフや状況が耳に入りやすくなる。そして、ますます自分もそう感じやすくなるのです。

引き寄せの法則の観点からも、

基本的に「楽しい」「ワクワク」という感情が、さらに「楽しい」「ワクワク」という現実を引き寄せる。「〇〇がない」という思考は、さらに「〇〇がない」という現実を引き寄せると言われています。

引き寄せの法則の詳しい説明はしませんが、まずはそういうものだと思ってくださいね☆

プラスの感情を意識する

では、どうすればよいのでしょうか。

「楽しい」はプラスの感情。「つまらない」「楽しいことがない」はマイナスの感情です。

前述の仕組みを利用するのであれば、できるだけ「楽しい」と感じた方がよいことになります。

しかし「それができないから今この記事を読んでいるんだ~~」‥‥しかも無理やり「楽しい」と感じても意味がありませんよね”(-“”-)”

そこで、「楽しい」に似たプラスの感情をできるだけ抱くようにするのです。少しずつ習慣にすることで、同じようなプラスの出来事が増えてくると感じるでしょう。

  • 小さなことでも「嬉しい」「ツイている」と感じる
  • 物事の良い面を探したり目を向けたりする
  • あたり前と感じることにも積極的に感謝する etc.

愚痴や批判、マイナスな言葉をほどほどにし、プラスの言葉を口癖にする。すると「楽しい」を含むプラスの出来事が引き寄せられやすくなるのです! おもしろいから試してみて~(#^.^#)

毎日楽しかったことを3つ書く

その日楽しかったことや面白かったことの、ベスト3を書くのも一つ。時間がない人は、寝る前に振り返るだけでもOKですよ☆

「楽しかったことなんてなかった」と言わずに、どんな小さなことでも見つけてみましょう!

  • 〇〇さんの話が少し面白かった
  • たまたま見た動画で笑った
  • 帰りに好きなお店に寄れて楽しかった

これを、ぜひ毎日続けてみましょう。その積み重ねが、少しずつ大きな「楽しさ」を引き寄せてくれるのです(*’▽’)

「えっ本当に何もない!」という日は、

  • 楽しみな予定
  • 楽しそうなこと
  • やってみたいこと
  • 数日前の面白かったこと
  • 楽しい人や画像

をベスト3に入れてしまってOK。とにかく少しでも「楽しい」の貯金を増やしましょう☆

ワクワクを基準に選ぶ

人間は、いろいろな「選択」をしながら生活しています。

  • ランチは何を食べようかな
  • 何時に寝ようかな
  • 湯船に浸かるかシャワーで済ますか

‥‥「今日選んだこと」をすべて挙げたら、果たしていくつある~? それぐらい生活は「選択」の連続なのです。

あなたは何かを選ぶ時、どんな基準で選んでいますか? 私はできる限り「ワクワクできる方」を選ぶようになりました☆

以前は

  • 安いからこっちの服を買おう
  • 体に悪そうだからジャンクフードはやめよう
  • 勉強になりそうだからこっちの番組を見よう

などの選び方が多かった~。それをできる範囲で「ワクワクできるかどうか」に変えました(*‘∀‘)

  • 少し値段が張るけど、気に入った物を買おう!
  • 「うわ~美味しそう!食べちゃおう」
  • くだらないけど、楽しそうだから見てみよう!

ワクワクを基準に選ぶと、その時はもちろん、終わった後にもワクワクの余韻が残ります。洋服や雑貨などの場合、その物が残るわけですから、生活にワクワクが増えますよね☆

もちろん、すべてをワクワク基準で選んでいたら、お金の使いすぎ、栄養が偏るなどの弊害も(>_<) そこは調整しながらで‥‥。

しかし、生活に「ワクワク」を意識することで、本当にワクワクが増えイキイキしてくる実感がありましたよ! 最初は半信半疑でしたが、やはり試してみるものです(#^.^#)

笑う

とにかく笑ってみよう!というお話です。

脳科学的に、先に表情を作ることで、その表情が脳にフィードバックされ、同じ感情を抱きやすくなると言われています☆

試しに、今とびっきりの笑顔をつくって「楽しい!」と言ってみてください。‥一瞬でも気持ちが明るくなりませんか?

これを積極的に生活に取り入れよう、ということ。「笑う=楽しい」ということなので、脳をだます意味でも笑顔を増やしてみるのです( ;∀;)

お笑いのDVDやバラエティ番組、笑える動画を見て笑うのも、もちろんよいですね。

少しでも楽しいことがあれば、「楽しい!」と口にするのも効果的。声に出すことで、その感情がより強化されますよ!

心が疲れている時もある

といっても、無理して笑うのもつらいほど心が疲れている。そんな時もあるでしょう。

まずは心を休める

私も経験がありますが、

  • 何をしても楽しめない
  • 笑うのもつらい
  • すべてにおいて無気力

そんな状態の人もいるかもしれません。ひどくなると無意識のうちに涙が出てきたり、生きる気力すら低下してくることも…。

症状がひどい場合、心療内科などを受診することをお勧めします。自律神経失調症や軽いうつ病という可能性もありますので、きちんと専門医に診ていただきましょう。

そこまでではないけど‥という場合は、「楽しむ」ことよりも「心を休める」ことを優先させてあげてほしいです。

無理して「楽しもう!」ではなく、自分の

  • 安心できる、ほっとする
  • 癒される
  • 心地よい

などの感覚を大事にしてあげてください。

自分をいたわる方法については、以下の記事も参考になりますよ。

気にしすぎで疲れる人へ…自分の心をいたわる7つの方法

無理せず焦らずに

今は心を休める時。しっかり心を休めることができれば、また「楽しいことを見つけられる」時がやってきます。

仕事や家庭においてやらなければならないこともあるでしょうが、できる範囲で心の休息を大事にしてあげましょう。

  • 心が疲れそうなイベントは断る
  • 短時間でも自分の心が喜ぶことをする
  • 何も考えずボーっとする時間をつくる

自分に合う心の休息法をみつけられるとよいですね。植物やアロマオイルの力を借りるのもオススメです☆

決して焦らずに‥‥。

プロになると、何でも楽しめる!

「楽しい」を見つけるコツをお伝えしてきました。日々実践し続けていくと、「楽しい」が見つかりやすくなることに気づくと思います☆

「楽しい」を見つけるコツを実践し続けると、

  • 仕事で上手くいかないけど、だからこそ面白い
  • つらいことがあったけど、だからこそ楽しいことが際立つ
  • 難しいことほど、ゲームのように楽しもう

などと思えることもあるかもしれません。ここまでできれば、「楽しい」を見つけるプロですね !(^^)!

まずは少しずつ、小さな一歩を。ほんの少しでも、今よりイキイキした生活を目指していきましょう☆

長い文章を最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。