自分流トリセツをつくろう!【1.トリセツをつくる意味】

佳見 そら

ガイドブックを持つ女性のイラスト

毎度すみません、ちょっと自己紹介。

私は、おそらく「HSP(繊細すぎる気質)」&「発達障害」のグレーゾーン。

「もっとラクに生きたい!」と強く思い、数々の本を参考にいろいろ実践。現在はラクに幸せに生きています、「変な自分」もまるごと受け入れつつ(;’∀’)

最近、自分の過去を懐かしく振り返る記事も書いているのですが、頭の中でよく「トリセツ」をつくっていたことに気づきました。

この「自分流トリセツ」についても書いてみたい! でもすごく長くなりそうなので、何回かに分けようと思います(^-^;

今回は「自分流のトリセツって何なのか」「何のために書くのか」「どんなことを書くのか」‥‥まとめていきます☆

自分流トリセツって何?

自分流のトリセツ。私なりの定義を記すならば「自分がもっとラクに楽しく生きるための説明書」。

はっきり言って、何を書いても、どんなふうに書いても、自由です☆

たとえば、西野カナさんの「トリセツ」という歌の場合、おそらく女性が「結婚する男性に対して」書いたもの。

「私はこんな特徴があります」「こんな時はこう接してね」という内容が、相手に対してわかりやすくまとめられていますよね。

そう。この歌詞のように、彼氏・彼女・家族などに対して「自分のトリセツ」をつくって渡すのもアリなのです。

ちなみに「発達障害」と診断を受けている方が、障害を告知して働く際(一般就労で上司や周囲の人に打ち明ける場合も含む)につくる取扱説明書については、障害者職業センターに相談したり専門サイトを参考にしたりしてみてください。

私の記事では、他の人に渡す「自分のトリセツ」ではなく、飽くまでも「自分のために書く」ことに、主眼を置いていきます。ご了承ください。

自分流トリセツのイメージが湧かないという方は、Google先生の力を借りましょう(*’▽’)

「自分 トリセツ 書き方」で検索すると、手書きのものからフォーマット入力で作成したものまで、いろいろ見られて参考になりますよ! (それにしても皆さん、キレイにつくっているなぁ…)

自分流トリセツ、何のために書くの?

前述の通り、自分流トリセツは、何を書いても、どれだけ書いても、どんなふうに書いてもOK。たとえば、

  • 自分の苦手なことに対する説明書
  • 自分のミスを防ぐための説明書
  • 落ち込んだ時や心が疲れた時の対処法
  • 体調不良になった時の対処法
  • よくかかわる人や苦手な人の取扱説明書
  • 他人とのかかわり方の説明書 etc.

これだけの情報社会。いずれも「一般的な方法」は、あらゆる本やサイトなどで紹介されていますよね。

でも自分に合うか合わないかは、試してみなければわかりません。発達障害の傾向がある場合など、一般的な説明書を見ても「何が何だかさっぱり」ということもあるかもしれませんね。

自分のためにつくる「トリセツ」の最大の特徴は、自分がわかりやすいようにつくれること。

人に見せるものではありません。どんなに基礎的なことを書いても、他人から「え~~?」と思われる内容でもOK。

ただ、自分流トリセツづくりは「自分の苦手」と向き合うことになります。特にHSPや発達障害の傾向がある方の場合、ノートにまとめているうちに、

  • 自分は、どうして普通の人と違うんだろ‥
  • 自分は何故こんなことまでしなければならないのか
  • トリセツをつくったぐらいで改善されるの?

などという、ネガティブな考えや気持ちが出てくるかもしれません。

あまりにも苦痛な作業であれば、本末転倒。一度ストップさせましょう。自分の長所や得意分野に目を向けて、ひとやすみです。

「長所なんてないよぉ…」と思う人もいるかもしれませんね。ぜひ以下の記事を読んでみてほしいと思います。

自信がない人は短所を長所に変換しよう!長所を見つける3つの方法

自分流トリセツは、心身の調子が比較的よい時につくるのがオススメです☆

私の場合は、頭の中で自然とトリセツをつくることが多かったのですが、自分流トリセツをつくるメリットとして、

  • 準備ができ、不安が少なくなる
  • 比較的ミスが少なくなる
  • 人間関係が良好になりやすくなる

などが挙げられます。ノートなどにまとめれば「一目で見られてわかりやすい」とも言えますね。

完璧なトリセツをつくろうと思わず、まず気楽につくってみましょう。それで少しでも効果があれば、嬉しいですよね。(自分を褒めてあげましょう!)

その「嬉しい~」に目を向けながら、自分流トリセツを楽しくつくっていく。それが今よりも「ラクに楽しく生きていけること」に、つながっていくと思うのです(^_^)

自分流トリセツ、どんなことを書くの?

では具体的にどんなことを書けばよいのでしょうか。分野別に例を挙げていきます☆

【自分の苦手なことに対するトリセツ】

  • 料理が苦手な場合、自分にとってわかりやすい手順やレシピ
  • 何かを選択することが苦手な場合、自分が選ぶ際の基準や優先順位
  • 苦手な家電製品の操作方法 etc.

自分のミスを防ぐためのトリセツ

  • 忘れ物をしないためにはどうすればよいかの手順
  • すぐに声が大きくなってしまうのを防ぐための方法
  • 誤字脱字を減らすためにやるべきことの一覧表 etc.

【落ち込んだ時や心が疲れた時のトリセツ】

  • 「これをすれば自分が復活する」という方法
  • 自分の心がラクになる言葉や名言
  • 自分の心が軽くなる思考法や考え方 etc.

【体調不良になった時のトリセツ】

  • 「頭痛」「腹痛」「腰痛」など、種類別の対処法
  • 「自宅で」「職場で」「出先で」など、場所別の対処法
  • 受診するのか否かの、自分なりの判断基準 etc.

【よくかかわる人や苦手な人のトリセツ】

  • 相手の趣味や好きな物のリストアップ
  • 相手の嫌いな物や人、苦手なこと、地雷のリストアップ
  • その人と接する際の注意点 etc.

【他人とのかかわり方についてのトリセツ】

  • 会話中、沈黙で気まずくなった時の対処法
  • 最低限しておきたい挨拶の言葉のリストアップ
  • 相手を不快にさせない無難な質問一覧表 etc.

前述の通り、今の時代は対処法や方法などを、いくらでも調べることができます。でも必ず「自分に合うものと合わないもの」があるはずです。

自分流トリセツをつくる際は、飽くまでも

  • 自分にとって効果が期待できるのか
  • 自分が極力ストレスを感じにくいか
  • 自分にとって、わかりやすいのか

をチェックできるとよいでしょう(‘ω’)

そのためには、一般的に言われる対処法や方法を、いろいろ試してみる必要がありますね。試した上で、自分に合う方法を「わかりやすく」まとめていくと、役立つトリセツができるでしょう☆

HSPや発達障害の傾向がある方向けの「具体的な対処法」「トリセツのつくり方」については、今後の記事でご提案していく予定です。

まとめ:まずは気楽に書いてみよう!

自分流トリセツは、自分だけのためのもの。書き直しも、更新も、後からボツも、何でもOK!

まずは書いてみませんか?

人が積極的に行動する源って「興味」と「必要」だと言います。

私の場合、頭の中でのトリセツづくりは、主に「必要」から。自分の不安を少しでも減らす「必要」があったからだと、思っています。

でも「なんか面白そう!」と少しでも「興味」も加えて取り組めれば、明るいエネルギーを持つトリセツができあがると、今では思うのです。

できれば、少しでも「楽しみ」を加えながら、自分流トリセツをつくっていただけると嬉しいです(^-^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。