厄介な人との付き合い方。先回りして相談し味方につける方法

佳見 そら

厄介な人、面倒な人っていますよね。 たとえば、

  • 人の提案によく反対意見を言っている
  • 人のやり方に文句をつけることが多い
  • 人が進めることの邪魔をすることが多い

こういう人が一人いるだけで、私の「不安」や「気にしすぎ」はブクブク膨らんだものでした(*´Д`)

付き合わなくてよいのであれば、付き合わない方が無難?  厄介な人とは、なるべく距離を置くのが得策?

しかし、

  • 職場や部署などが同じ
  • 家族や親戚
  • 近所や子どもの学校関係

など、避けられない付き合いもあるのが現実ですよね (>_<)

ここでは、厄介な人との付き合い方の一つとして、「先回りして相談し、味方につけてしまう方法」をご紹介します!

人間関係におけるテクニックを多く身に着け、余計な不安や気にしすぎを減らしましょう☆

こんな時に使います

厄介な人や面倒な人に「先回りして相談し、味方につけてしまう」。

コミュニケーション上手な人は、意識的なのか無意識的なのか、うまくこれを実践しているように思います!

この方法を、どんな時に使うの?‥‥たとえば、厄介な人が以下のようなことをしそうな時です。

  • 会議で自分の提案に反対意見を言ってきそう
  • 自分のやり方に文句をつけてきそう
  • リーダーとして仕切りたい自分の邪魔をしてきそうetc.

職場・学校での付き合い、親戚付き合い、地域活動、PTA活動‥‥。どこでも使えるスキルなのです☆

この方法が効果的な理由

ズバリ「人は相談されるとちょっと嬉しくなる」という心理があるからです (*‘∀‘)

もちろん個人差はあるでしょうが、人は相談されることで、

  • 自分って信頼されているのだな
  • 相談相手に自分を選んでくれたんだ!
  • ちょっと気分がいいな~

と感じやすくなります。相手がちょっと嬉しくなっていれば、

  • ほんの少しでも妥協してくれる
  • 自分を応援してくれる
  • 自分の味方になってくれる

という可能性も高まるのですね☆

厄介な人や面倒な人は「自分で自分を認めてあげられない人」「満たされていない人」が多いと感じます。相談されると「たよりにしてもらえた!」と感じやすいとも言えるでしょう。

でも、飽くまでも「可能性」の話。ちっともそうならないケースもあることは理解しておきましょう ( ;∀;)

気をつけたいことは?

厄介な人を「ちょっと嬉しくさせる」ために気をつけたいのは、相手に迷惑がかからない時間や場所を考えて相談することです。

相手が忙しいのに突然相談を始めるなど、迷惑この上ないですよね ( ゚Д゚)

特に相手が目上の人の場合は、必ず「今お時間よろしいでしょうか?」「ちょっとご相談があるのですが…」などと言い、相手の了承を得てから相談しましょう。

また、女性が男性に相談する場合など、「好意を持たれているのかな」と勘違いされたり、男性が違う意味で「嬉しく」なってしまったりする可能性も…。くれぐれも気をつけましょう。

ある程度の妥協も必要

その相手は「厄介な人」「面倒な人」と思うぐらいの相手です。

内容にもよりますが、

  • 「自分はこう提案しようと思いますが、どうでしょうか?」
  • 「この方法でやろうと考えているのですが、どうですかね?」
  • 「こういうふうに進めていきたいのだけど、どうかな?」

などと相談したところで、100%賛成してもらうのは難しいかもしれません (‘_’)

相手と話し合う過程で「少し妥協しなければならない部分も出てくるかもしれない」と、あらかじめ思っておけるとよいですね (*^_^*)

しかし、

  • 会議などで反対意見を出され、結果的に自分の意見や提案が通らない
  • 実際にやってから文句を言われ、対応がすごく面倒
  • リーダーとして仕切り出してから邪魔をされ、進行が遅くなる

それが一番困りますよね! そうなるよりは、できる限りの対策をしておきたい‥‥そう思う時に、使えるスキルなのです☆

ある程度の関係を保っておくのが得策

厄介な人・面倒な人には、なるべくかかわりたくないですよね…。

けれども距離を保ちながら「嫌われない」でおいた方が、成功しやすいと言えます☆

たとえば、同じ頼まれごとでも、

  • 好きな人やかわいがっている人からされる
  • 一度も話したことのない人からされる
  • 嫌いな人からされる

のでは、感じ方がだいぶ違うと思いませんか? 好意的に思う人からのお願いや相談の方が、人は喜んで応じやすいのですね (^-^)

もちろん、相手がどの程度「厄介」「面倒」なのかにもよります。嫌われないよう努めても嫌われてしまう場合もあり、それは仕方なし‥。

相手にもよりますが、それでも最低限の挨拶ぐらいはしておけると、後々よかったと思えることも多いと感じます。

厄介な人は変わらないけど…

厄介な人との付き合い方の一つ、「先回りして相談し、味方につけてしまう方法」についてお伝えしてきました。

厄介な人や面倒な人を根本から変えたいと思っても、それは不可能に近いこと。だからこそ上手に逃げたり、面倒になりそうな時は先回りして対処したりできれば、自分がラクになります☆

慕われ過ぎても困ると思いますので、うまく距離を保ちながら実践してみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。