瞑想って簡単! 静的瞑想でも動的瞑想でも,自分に合う方法でOK。

佳見 そら

元気な心臓のキャラクターのイラスト

瞑想って、心にも脳にも体にもいい! 不安も軽くなる!

ってわかっていても「なかなか生活に取り入れられない」「続かない」という方へ。

「もっと簡単に考えようよ~」ってお伝えしたい! (*´▽`*)

あぐらをかいて、目を閉じて、30分ぐらい、それを毎日‥‥ みたいな「きっちり静的瞑想」だけではなく。

もっとゆるく考えてもいいし、動きながら瞑想状態に入る「動的瞑想」もあるのです☆

ここでは、瞑想の効果をまとめ、いわゆる「一般的な瞑想」を続けるコツ、もっと簡単に取り入れるコツ、自分に合った動的瞑想の見つけ方などをお伝えしていきます。

瞑想の効果を簡単にご紹介

瞑想を続けることで、嬉しい効果がたくさん (*‘∀‘)

  • ストレスの軽減やリラックス
  • 不安の緩和や前向きになりやすくなる
  • 集中力・直感力・感情抑制力などが高まる
  • アンチエイジングにつながる
  • 睡眠の質が高まる etc.

「瞑想の経験年数が長い人ほど、不安が少なく集中力も高い」という実験結果もあるようです (‘ω’)

その他にも、ジェン・シンセロ著「YOU ARE A BADASS」という本から一部を抜粋すると

  • 波動 (周波数・エネルギー) が高くなる
  • 心が開かれ、無限の情報や考えを受信できるようになる
  • 「今、この瞬間」を生きる自分になれる
  • よい気分になれる、光と愛で満たされる
  • 自分を好きになれる

など、瞑想にはちょっとスピリチュアル的な効果もあるようですね☆

静的瞑想をやってみよう!

「静的瞑想」って何? & 続けるコツや簡単な生活への取り入れ方などを、お伝えします☆

静的瞑想とは

静的瞑想とは、体を動かさずに行う瞑想。

いわゆる「あぐらをかいて、静かな場所で、目を閉じて、呼吸を深く、思考を浮かばなくさせる」のような、一般的な瞑想が代表的です (*^-^*)

静的瞑想の詳しいやり方が載っている本・専門サイトは多数! 最近はCD・DVD・動画などもありますね☆

といっても、それぞれ微妙に言うことが違ったりする~~。考えすぎず、とりあえず「やってみる」ことが大切だと思います☆

ちなみに私は、1日2回 (起床後15分 & 布団に入ってから寝る前に) 瞑想しています。詳しいやり方や効果は、以下の記事をどうぞ (‘ω’)

瞑想の効果。怪しくてもゆるいやり方でも、まずやってみよう! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

難しく考えず、続けてみる

ガチガチに「毎日、〇分間、このやり方で、きちんと」とか考えると、続きにくくなります (´Д`)

  • できない日があってもよし
  • なんか雑念ばかり浮かんできたけど別にいいや
  • 今日は時間がないから少しだけ~

など「ゆるい感じ」で (^-^)

最初のうちは、余計な考え (雑念) ばかリ浮かんでくるかもしれません。でも数分でも数秒でも「無」になれれば、全くやらないよりは絶対にいい! 長く続けていけば、少しずつコツもつかめるでしょう☆

静的瞑想を簡単に取り入れるコツ

瞑想って、要は「なんも考えない」「頭からっぽ」にすること。

反論もあるでしょうが、私はそういう捉え方でいいと思っています (‘ω’)

なぜなら、思考停止させる時間をつくる効果を、経験から感じているから!

人は一日に6~10万ものことを考えていると言われています。楽しいことならまだしも、未来への不安や過去への後悔、他人への不満などが頭を占めることも多いのではないでしょうか?

「なんも考えない時間」ってのは、そういうネガティブから「解放されている時間」とも言えるのです☆

「ネガティブな考えが思い浮かぶと、どんどんどんどん悪い方へ考えてしまう」ということも、ありませんか?   そんな時に一度リセット (頭をからっぽに) するだけで、だいぶ違うんです!

瞑想って難しそう。なんかメンドクサイ。⇒ だから、やらない

ではなく、「なんも考えない時間」を、たった数分でも数秒でもつくれればいい (*‘∀‘)

  • 休憩時間に、目を閉じて数分ボーっとする
  • トイレの個室で、1分ぐらい目を閉じて深呼吸
  • 目を開けながら、どこか一点をじっと見つめる
  • 車の運転中、赤信号の時に1回だけ深呼吸 (私はサイドブレーキかけてます)
  • 湯船に浸かりながら目を閉じて etc.

「頭からっぽ」が難しければ、まずは簡単な「ただの深呼吸」でもOK! 大事なのは、とにかく「やること」。

深呼吸にも、心や体に嬉しい効果がたくさんありますよ☆ (以下の記事にまとめてあります)

深呼吸の効果を自分で感じよう!生活に取り入れる方法とコツ。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

自分に合う動的瞑想を見つけよう!

「動的瞑想」って何? &どんな動的瞑想の方法があるのかについて、お伝えします☆

動的瞑想とは

動的瞑想とは、体を動かす (行動する) ことで瞑想状態に入ること。

すなわち、

  • 今していることに集中できていること
  • それをすることで、余計な考えが頭に浮かばない状態になっていること

とも言い換えられます (^-^)

動的瞑想の方法あれこれ

私の友人知人や、私が読んだことのある本やサイトの著者、その知人などの動的瞑想の方法は、以下の通り。

  • 料理・手芸
  • 断捨離や整理整頓
  • 掃除・食器洗いなど家事全般
  • 洗車・何かを磨く
  • 食事・体を洗う・歯磨きなどの日常生活
  • 草むしり・土いじり
  • スポーツ全般
  • 軽い運動 (ヨガ・散歩・ダンス・体操・筋トレなど)
  • 絵を描く・粘土・ぬり絵
  • 太鼓をたたく・楽器演奏
  • 音読・お経を読む
  • 好きな本や新聞などの書き写し
  • 読書・ゲーム・パチスロ
  • メイク・爪みがき・ネイルアート
  • とにかく、やることを多くして忙しくする etc.

また、以下の方法は、静的瞑想と動的瞑想の中間になると思います。

  • 映画鑑賞・音楽鑑賞
  • テレビや動画を見ること
  • 車やバイクの運転
  • 釣り etc.

他にもいろいろあるでしょうが、大切なのは「自分が余計なことを考えずに済む方法を見つける」ことです☆

自分に合う方法を探そう

じゃあ、どうやって見つけるのか。

とにかく、いろいろ試してみること。今までにやったことのないことや久々にやることの中にも「自分の動的瞑想」が隠れているかもしれません (*^_^*)

てか、今までの行動を思い出してみるだけで「あっこれが自分の動的瞑想」と気づく人も多いのでは‥?

今やっていることに集中できると、爽快感や気持ちよさ、頭がスッキリする感覚があると思います (*‘∀‘)

また、私の経験上、瞑想 (静的瞑想も動的瞑想も)している時やその後に、

  • 迷っていたり悩んでいたりしたことの解決策がひらめく
  • モヤモヤしていたことや悩みが軽く感じられる
  • 今後に役立つ直感やアイディア、啓示のようなものが降りてくる

ことも多く、瞑想は「嬉しい~」「ヤッタ~」「いい気分~」をたくさん生み出してくれるのです(*’▽’)

以下の記事も、ぜひご参考に。「今に集中することが大切な理由 & コツ」をまとめています☆

今に集中するコツがやっとわかった。日常生活で練習しラクで幸せに。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

まとめ:静的瞑想でも動的瞑想でも自分に合う瞑想の方法を!

瞑想って簡単! 方法はなんでもOK!

「これをやれば余計なことを考えずに済む」「これをやれば不安や後悔を忘れられる」‥そんな自分だけの瞑想方法を、たくさん見つけましょう。で、実際に生活に取り入れる (^-^)

できれば、静的瞑想と動的瞑想のどちらも取り入れるようにすると、より心がラクで楽しく、イキイキした生活になると思いますよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。