炒り塩を使う掃除って効果ある?正しい方法で試すのが大事!

佳見 そら

掃除機をかける女性

不運が重なり、心身のバランスを崩しました (‘_’)

回復後は「自分を変えたい!」「運気を上げたい!」と、とにかくいろいろ実践!

その一つが「掃除」です。当時は自宅なのに「入りたくない」ほどの乱雑さ…。断捨離や掃除には、時間をかけました~ (^-^;

とある本で知ったのが、炒り塩を使う掃除方法。正直、抵抗あり。効果も信じられないし面倒だし…。

でも自宅の断捨離や整頓・掃除が一段落した頃、思い出したように「とにかく試してみよう!」。果たして本当に効果はあったのか‥?

ここでは、まず塩の力や期待できる効果をご紹介。炒り塩を使った掃除方法を、紛らわしい「塩の選び方」なども含めてわかりやすく解説し、実践した私の感想と合わせてお伝えしていきます☆

塩の「力」について

料理だけでなく、工業製品の原材料になったり路面凍結を防いだり‥。

私たちの生活に欠かせないのが「塩」ですよね (*‘∀‘)

その塩は、昔から「不幸を招く出来事を祓う」「邪気を清める」ことなどにも使われてきました。今でも以下のような使われ方は一般的ですね。

  • お葬式に行ったら自宅に入る前に塩で清める
  • 家などを建てる前の儀式「地鎮祭」で使う
  • 開運や商売繁盛を願って「盛り塩」をする

大相撲では、力士が土俵に塩をまく姿も見られます。

この他にも、

  • 嫌なことがあった日は塩風呂に浸かる
  • 心身が不調な時に塩で体を洗う
  • 塩を持ち歩き、嫌な場所で肩・背中にかける

などを、日常的にされている方もいらっしゃいます。私も「気休めかも」と思いながらも、試したことあり ( ;∀;)

心身を癒すためのヒーリングやマッサージで使われることもありますね☆

炒り塩を使った掃除の効果と方法

さまざまな「力」があるとされる「塩」。その塩を使った掃除の、期待できる効果とやり方を解説します。

とある本がきっかけ

そうじ力研究会代表・舛田光洋さんの

  • 3日で運がよくなる「そうじ力」
  • 幸運を呼び込む「そうじ力」の魔法

という2冊の本がきっかけです。この本は大変わかりやすく、かつ掃除のモチベーションを高めてくれるのでありがたい‥(*‘∀‘)

この本に、炒り塩を使って掃除をすると「部屋の湿り気やマイナスエネルギーを吸い取る」と書かれています。実践した人の感想として、

  • 仕上がりのスッキリ感が違う
  • やる前と後ではサッパリ感が全然違う
  • 部屋の空気が澄んだように感じる

などがあるそうですよ。

自然塩を使う。でも自然塩って?

しかし条件があります。「自然塩」を使うのです。自然塩は「天然塩」と言われることもあります。

「家にある塩じゃ、ダメなの?」‥‥手頃な食塩の場合、「精製塩」の可能性が高いです (‘ω’)

天然塩? 精製塩?‥‥実は見分け方が意外と難しい。パッケージに「天然塩」「精製塩」という表示が使えない決まりだそうで、ぱっと見ではわかりにくいのです (-“-)

どちらも原材料自体は「海水」。でも製造する工程が違うようです。わかりやすい見分け方のポイントとして、

天然塩(自然塩)‥‥成分は塩化ナトリウムの割合が低く、カリウム・マグネシウム・カルシウムなどのミネラルが含まれている。パッケージに「再生自然塩」「平窯」「平釜」「天日」「粉砕」などと表示されている。

精製塩‥‥成分は塩化ナトリウムの割合が非常に高い。パッケージに「イオン膜」「立窯」「乾燥」「溶解」などと表示されている。

値段はお高めになるのですが、天然塩(自然塩)を使うこと。これが炒り塩を使った掃除の効果を試す「大切な条件」となるのです☆

でもスーパーでお塩を見ていると「混合」という物もあり、やはりわかりにくさを感じます。ちなみに知名度の高い「伯方の塩」は、再生自然塩なのでOKだそうですよ!

炒り塩のつくり方

前述の「天然塩(自然塩)」を適量用意し、フライパンで約5分、から炒りするだけです。

ちなみに「から炒り」の目的は、塩の水分をとばすこと。フライパンに塩を入れて火にかけるだけ。油はひきません。

コンロ自体の火の強さにもよりますが、弱火がいいかなぁという気がします。焦げ付かないように気をつけながら、つくってみてくださいね (^-^)

掃除の方法

つくった炒り塩を、少し冷ましましょう。冷めたら部屋の隅々にまきます。

10分以上放置してから、掃除機で丁寧に吸い取っていくだけです (*’▽’)

ちなみに効果が感じられない時は、2回3回と繰り返すとよいそう。モチベーションが続けば、ですかね…。

また「吸い取った炒り塩 (=邪気) はすぐに捨てましょう」と書いてあるサイトもありました。私も掃除機をかけ終えたら、すぐにフタつきのゴミ箱に移動させましたよ!

掃除が終わった後のお部屋は‥‥マイナスエネルギーがなくなった「すがすがしい空間になる」、はずです☆

私も実践。その方法と効果は?

実は間違った方法で3回、最近正しい方法で1回試しています。その方法と、私が感じた効果をお伝えします。

精製塩で何度か試したら…

最初「まあ塩なら何でも大丈夫かな」と、ズボラな私は自宅の食塩 (精製塩) で試しました。

‥‥床の水拭きなどに比べ、効果は感じられません。

しかも3度目の時は、塩が悪いのか炒り方が悪いのか、なんか塩がベトッとしていて、効果どころか気持ちの悪い感じまで (‘Д’)

あっ、でも2度目に試した時、掃除が終わった直後に友達から「プロ野球のチケットが余っている」との連絡が!

好きな球団の試合で子どもと行きましたが、これが本当に「行ってよかった」と思えること多数。炒り塩掃除の効果?(精製塩だけど)‥‥まあ、これは偶然かな(笑)

天然塩で再度試す!

この記事を書くにあたり、間違った方法を試して「効果なし」ではさすがにまずい‥。

スーパーに、天然塩 (自然塩) を探しに行きました ( ;∀;)

以前から知っていた「伯方の塩」と、沖縄の海水塩「青い海あらじお」で迷いましたが、栄養成分表示と工程の欄を見て、沖縄の塩に決定!

沖縄の塩「青い海あらじお」は、カルシウム、カリウム、マグネシウムの割合が高かったし、工程に「平釜」と表示されていたので…。少量(200g)で、税込み300円強でした。

本の通り、5分間から炒りして、少し冷まして部屋にまき、10分後掃除機で吸い取っていきました。

ちなみに、私は2部屋+玄関やトイレ・洗面所などで、計大さじ3杯分ぐらいのお塩を使いました。(これでいいのかなぁ…)

普通の塩に比べ、粒が大きい「あらじお」の方が吸い取りやすく感じましたよ。‥‥「ん?」なんか信じられないけれど、掃除機をかけている途中から「風がすがすがしい」気が!!

今後も試したい!

嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、終了後‥‥約20年前に行った信州の高原で「まさに空気がおいしい!」と感じたことを久々に思い出しました。

そんな記憶、思い出すこともなかったのに、勝手に脳によみがえったのです (*’▽’)

ちなみに午前中、子どもたちがスイミングに行っている間に掃除しました。2人とも「テストに落ちた~」と帰宅しましたが、なんというか「マイナスな雰囲気」になりませんでしたね。

反抗的になりつつある子どもも含め、午後は家族全員で年末の大掃除に意欲的! 一度も「嫌~な空気」にならず、気持ちのよい1日となりました☆

炒り塩を使う掃除方法。試す価値はありそうです! くれぐれも正しい方法で‥( ;∀;)

私も正しい方法で試したのは、まだ一度だけ。今後もたまに実践し、効果を試していこうと思います。特に、

  • 少し悪いことが続いている気がする
  • 最近ちょっと体調がすぐれないな
  • 家族がなんかイライラしがちかも‥‥

こんな時に試していこうかな。 効果があるのか、これからも楽しく検証です (*’▽’)

まとめ&実践ポイント

今回の記事のまとめと、実践ポイントをお伝えします。

★今回のまとめ★:炒り塩を使った掃除を「正しい方法」で実践し、効果があるか試してみよう!

★実践ポイント★

  • 本当に効果があるのか、ワクワクしながら試してみよう。
  • 仮に効果がなくても「丁寧に掃除できたのでよし!」と考える。
  • 効果があったら、その効果をしっかりと感じて感謝しよう。

炒り塩を使った掃除は、私の中で心強い「おまじない」になるかも‥(^-^)☆

この記事をお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。