自分の周波数が高まると、過去の「愛ある言葉」が思い出される話

佳見 そら

ハンバーガーを食べる女性のイラスト

どんな時も、自分の心と周波数 (波動) を整える。

これを「生きる軸」みたいなものにすると、ラク楽、幸せに行きられると実感 (*^-^*)

最近、周波数が高い状態でいると、過去に人から言ってもらえた「愛・思いやりのある言葉」がふっと浮かびやすいことに気づいた☆

「つらい思い出」や「人から言われた嫌~な言葉」のフラッシュバックに苦しんでいた頃もあったのに‥(-“-)

周波数 (波動) を高めると、また一つ、いいことあった (^^♪

ということで今回の記事は「最近ふと思い浮かんだ過去の愛ある言葉」「言われて嫌な言葉に目を向けすぎてたということ」「周波数の上げ方」などをまとめます☆

過去の「他人からの愛ある言葉」

最近ふと思い出した、過去の7つの言葉。

  • 小学校で鼻血が出た時。お互い嫌い合っていた友達が「私も鼻血がよく出るから気持ちがわかるよ」と言ってティッシュをくれたり付き添ったりしてくれた。
  • 中学生の時「先輩だからエバルるのでなく、皆で仲良く部活をやりたいと思うけど、私がおかしいのかなぁ」と言ったら、友達が「私も同じ考え。私たちはおかしくない。自信を持っていいと思う」と言ってくれた。
  • 大学生の時「がつがつ食べて品がないって言われちゃった…」と言ったら、友達が「私はそらちゃんが美味しそうにご飯を食べるところがすごく好き」と言ってくれた。
  • ファストフードのバイトで、シェイクマシンのセット方法がなかなか覚えられなかった時、先輩が自宅で「イラスト付きのマニュアル」をつくってきてくれ「私も苦労したからさ。まっいつか覚えられるよ」と言ってくれた。
  • 新幹線パーサーをしてた時、高齢の乗客の方が「新人さん?笑顔がすごくいいですね」と言ってくださった。
  • 観光バスに乗るバイトをしてた時、ある運転手さんに「なかなか馴染めなくて…」と言ったら「俺なんて社員で運転手なのに馴染めてないよ。挨拶はして、あとは仕事さえちゃんとやればいいんじゃね?」と言ってくれた。
  • 親戚の結婚式でテンション高すぎる私の父。「本当に恥ずかしい…止めてこようかな」と言ったら、いとこが「えっ? 楽しそうだからいいんじゃない?」と言ってくれたこと。 etc.etc.

これらに共通することは「超久しぶりに思い出した」ということ。

その時に「嬉しい」とか「ありがたい」と感じただけで、その後は思い出すことがほぼなかった、ということ。

むしろ以前の私は

  • 小中高大の「悩んだこと」「言われて嫌だったこと」ばかり思い出すし、
  • 新幹線パーサーなんて「先輩が怖かったこと」「納得いかなかったこと」ばかり思い出すし、
  • 観光バスの仕事も「運転手のセクハラ発言」ばかり思い出すし
  • 親戚の集まりも「父がお酒飲んで声大きくてっていう恥ずかしい場面」しか思い出さないし
  • その他の多数のバイト、友人関係なども、全部そんな感じ‥‥。

なんか「愛ある言葉」とか「いい思い出」もあったのに、すごくもったいない (‘_’)

言われて嫌だった言葉に目を向けすぎていないか

以前の私もそうでしたが、人から言われて

  • イラっとした言葉
  • なんかモヤっとした言葉
  • 落ち込まされた言葉

ばかりに目を向けすぎの人が多いような気がします (仕方ないっちゃぁ仕方ないけど)。

たとえば、一日の中で「人から言われた言葉が100個あった」として

  • 愛・思いやりのある言葉が 10個
  • まっ特に何も感じない言葉 (普通のやりとり) が 89個
  • 言われて嫌だった言葉が 1個

だったとしても、たった1個の「言われて嫌だった言葉」ばかり考え続けてしまう (*_*)

だから余計に、数ヶ月後、数年後なんかにも突然フラッシュバックしやすくなるし、そのたびにネガティブにもなる。今もネガティブ、過去のことでもネガティブ、どんだけネガティブが好きだったんだ~~。

ただ、湧いてきた「感情」は感じ切ったり発散させたりした方がよいでしょう。悲しい時は存分に泣いたり、腹立たしい時は紙に気持ちを書きまくったりし、しっかり昇華させることも大切です。

周波数を上げると嬉しいことばかり

引き寄せの法則の本や、量子力学の本をきっかけに

  • 他人の「よい面」や、物事の「よかったこと」
  • 人からかけてもらえた愛・思いやりのある言葉
  • 人や物事に対して「ありがたい」と思えること

などに、意識的に 目を向けるようにし始めました。

これを本当にコツコツと、少しずつ取り組む。すると「自分の周波数 (波動) が高め」のことが増える。

  • ⇒自然と「言われて嫌だった言葉」よりも「愛・思いやりのある言葉」の方を考えることが多くなるし
  • ⇒量子力学の法則から、自分の周りに「いい人」「いいこと」が現れやすくなるし
  • ⇒実際に「愛・思いやりのある言葉」をかけてもらえることが (自分がかけることも) 多くなる。

で、私の場合、今まで思い出すことのなかった「過去に言ってもらえた愛ある言葉」まで、ふと頭に浮かぶことが増えたのです (*´▽`*) その瞬間幸せな気分になれて、こりゃあ、お得!

すべては周波数を高めるだけ。 お金もかからず、自分にも周りにも幸せが増え、いいこといっぱい☆

幸せにつながる「直感」が増えたりもします! (以下の記事には「周波数を上げるとは」「周波数の上げ方」についても触れています)

自分の周波数を上げると、いい直感&ひらめきが増えて楽しい! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

また、以下の記事には「周波数を高める意味」や「私が周波数を高めるために実践していること」をまとめています☆

波動・周波数を高める意味と方法。私が日々やっていること一覧! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

まとめ:周波数は毎瞬変わる

周波数は一回整えたら終わり、ではありません。

疲れてたり動揺したりで、うっかりすると下がりっぱなしになっちゃうことも (*ノωノ)

そういう時は、いまだに過去のイヤな思い出がよみがえることもある (-“-)

私は掃除中やジョギング中に「過去の愛ある言葉」がよく思い出され、きっと周波数が高まっているのであろう。「ありがたかった」「私もそういう言葉がけをしよう」と前向きになれます☆

あえて、過去に言ってもらった「愛ある言葉」を思い出し、ノートに書き貯めるのも楽しいかも (*’▽’)

意外と「世の中は愛ある言葉や行動に溢れてる」って気づけるし、周波数も上がる!

さあ、あなたには、どんないいことが起こるでしょうか? (*^▽^*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。