第一印象を良くする方法。自分を客観的に見て準備・練習しよう!

佳見 そら

鏡を見る女性のイラスト

「自分の第一印象、良くないかも」「第一印象に自信がない」‥って悩む方へ。

大丈夫。この記事で「自分に合った第一印象を良くする方法」、見つけましょ (^-^)

ここでは

  • 「なぜ第一印象を良くするのが大事なのか」と
  • 「一般的に言われる第一印象を良くする方法」をまとめ、
  • 後半で「第一印象を良くする準備・練習の方法」などを

ご紹介します☆

なぜ第一印象を良くするのが大事なの?

なんで「第一印象が大事」って言われるの?‥‥その根拠を挙げてみると。

  • 心理学者メラビアンによる「出会った最初の数秒で第一印象が決まる」という研究結果
  • 心理学者・アッシュによる「最初に抱いた相手の特性が印象に残りやすく、その後の相手への評価にも影響を与える」という研究結果
  • 約7割の人が「会ってから2~3分以内に相手の印象が決まる」と答えた2017年の調査結果
  • 心理学で言う「初頭効果 (=最初の印象が全体の印象を決定づける)」
  • 心理学で言う「ハロー効果 (=ある対象 (人も含む) に対する印象や評価は、その見た目や特徴によって歪められる)」
  • 心理学で言う「認知バイアス (=人は先入観などにより、適切な判断や選択をしにくくなる)」 etc.

要は、第一印象を良くしておいた方が、後々「得すること」が多く「損すること」が少ないよってことです (‘ω’)

(まあ第一印象が良かろうと悪かろうと、人にはそれぞれ良いところ・魅力がありますけどね。)

第一印象が「良い」に越したことはない。「普通」なら許容範囲として…。

でも、明らかに第一印象が「悪い」場合

  • 恋愛で「次回」につながりにくい
  • 営業でも、アポや契約につながりにくい
  • 良好な人間関係が築きにくい

などと言え、もったいない気がする (‘_’)

人生に「楽しい」を増やすために‥。そんな気持ちで第一印象を良くする方法を実践していきませんか?

一般的に言われる「第一印象を良くする方法」

第一印象を良くする方法は、あらゆる本やサイトに載っていますよね。

だいたい、よく言われるのが次の7つ。

  • 身だしなみに気を付ける (清潔感が大切)
  • 笑顔 (口角を上げた表情でもOK)
  • 立ち居振る舞い (特に姿勢を良くするのが大切)
  • 時間や最低限のマナーを守る
  • 聞き取りやすい声で話す (特に挨拶は大事)
  • 相手と目を合わせて話す
  • 適切な会話の内容を選ぶ

これらを受け、逆に「これだけは控えよう」ということをまとめると、

  • 場に合わない服装・髪型・メイク
  • ボロボロよれよれの服装、乱れたヘアースタイルなど
  • 明らかに不潔に見える身だしなみ
  • 表情が怖い、目が死んでる
  • 口元がブスーッ、もしくは口が半開き
  • 猫背、姿勢や態度が悪い
  • 遅刻や、マナーに反する態度
  • 挨拶をしない、もしくは相手が挨拶したのに会釈だけとか
  • ボソボソした話し方、声が小さすぎて聞こえない
  • うつむき加減で話す
  • 明らかに相手を不快にさせる話をする etc.

あれ? 意外と多い…? 完璧を求めると、苦しくなっちゃいますね (>_<)

第一印象に自信がない人は、まず「自分なりに今より少しでも第一印象を良くする」というスタンスでやっていきましょう!

ちなみにメラビアンの法則によると、相手の印象を決めるのに重要なものは以下の通り。

  • 視覚情報 (55%)‥‥表情・しぐさ・態度・見た目など
  • 聴覚情報 (38%)‥‥声の高低・話す速さ・話し方の特徴など
  • 言語情報 (7%)‥‥会話の内容 (相手が発した言葉・会話から得られる情報など)

「人と話すのが苦手」という人には朗報かも☆ とりあえず最低限の身だしなみや表情、態度、話し方さえ身に着ければ、よほど失礼な会話をしない限り「第一印象が悪いとは思われにくい」と言えます。

第一印象を良くする準備・練習の方法

「第一印象が良くない」って思っている時点で、すでに一歩!

あとは「どこを改善すればいいのか」を把握し、準備や練習をするだけ (^-^)

その方法やコツを、5つに分けてご紹介します☆

まず自分の改善点を把握する

自分を客観的に見られる人は「どこを改善すれば第一印象が良くなるのか」を書き出してみましょう。

自分を客観視する能力が低いかも…と感じる方は、可能な限り周りの人に協力を得ちゃう!

家族や親しい友人などに「第一印象を良くしたいと思っている」ということを素直に伝え、どこを改善したらよいのかアドバイスしてもらうのです☆

また、自分が映っている動画があれば (できれば「撮られている」と気づいていないもの)、それを見ると意外な自分の表情・姿などに気づくことがあります ( ゚Д゚)

で、まずは「ここを改善すれば自分の第一印象が良くなる」という点を知っておくことです☆

朝、バタバタしがちな人の場合

まず前提として、前日にできることは「準備」しておきましょう。

  • 翌日に着る服装を考えて準備しておく
  • 衣服にシワや汚れがないか確認し、アイロンをかけるなど
  • 爪を切ったり整えたりしておく etc.

で、当日は余裕を持って起き、以下のことに適切な時間をかけられるようにします。

  • 髪型を整える
  • メイクをする
  • (主に男性は) 髭剃り
  • 鼻毛が出ていたらカット
  • 口臭や体臭の対策 etc.

時間的に余裕を持って起きることで、心にも余裕ができますよ! 遅刻の対策にもなりますしね (*‘∀‘)

表情や話し方、姿勢、態度などを改善したい場合

たとえば、

  • 不愛想、表情が怖くなりがち
  • 猫背など姿勢が悪い
  • 早口、声がボソボソ、声が小さすぎたり大きすぎたり

などの場合、日ごろの習慣を変えたり、練習を積み重ねたりすることで、少しずつ改善が期待できるものもあります (‘ω’)

不愛想になりがちな方は、とにかく口角を上げる習慣をつけること。「形状記憶」みたいになれば、なおヨシ。 (鏡の前で実際に口角を上げてみると、これだけで「怖い」「不愛想」ではなくなるのがわかりますよ)

笑顔の練習も効果的! まずは毎朝鏡の前で「自分の理想の笑顔」をつくることから始めてみましょう☆

猫背や姿勢が悪くなりがちな方は、すみません、以下の記事を読んでみてくださいね。

姿勢を良くする方法8選。私が実践中の無料&手軽な方法もご紹介! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

話し方を改善するのは時間がかかるかもしれませんが、

  • 「早口 直すには」
  • 「声が小さい 改善」
  • 「声が大きい 悩み」

などで検索し、自分に合う対策や改善方法を見つけ、実践していくことですね。

ただ、中には改善が難しいケースもあります。

特に態度の場合、たとえば無意識に出てしまう癖とか、生まれつき体を頻繁に動かすような脳のつくりになっているとか‥‥。

その場合、無理して改善するのではなく「他のことで補えればいいやぁ」などと考えるのも大事かもしれません (^-^)

人見知りや緊張してしまう人の場合

第一印象、イコール「初対面」ということ。

「人見知りだし…」「初めての人って緊張する…」という人は、どうしても第一印象に自信を持てないかもしれませんね (*´ω`)

その場合にオススメなのは、以下の3つ。

  • イメージトレーニングをする
  • お店の人などに話しかける練習をする
  • 考え方を変える

イメトレは「自分が理想通りの表情や話し方で初対面の人とかかわっている姿」を、ただ想像するだけ (できれば毎日)。いつでもどこでも気軽にできるし、無料だし (^-^)

ここでは詳しい説明を省きますが、イメトレは脳神経の強化ができ、結果的に技術の習得と定着化につながると言われています!

また、スマホの普及や各種機械化で、そもそも人とかかわる機会が少なくなってきています。

人とのかかわりは、はっきり言って「慣れ」の部分もあり。よって「あえて」練習するのも一つ。

  • デパートやショッピングモールの案内係の人などに聞く
  • 家電量販店や家具店、アパレルショップの店員さんなどに聞く
  • その他、できる範囲で「初対面の人」に話しかけてみる etc.

忙しそうな店員さんなどに聞くのは気が引けますが…。最近は (失礼ですが) 暇そうな店員さんや案内係の人もよく見かけるようになり (うちの地域だけ?)、練習をするチャンスはいくらでもあると感じます☆

表情や態度、話し方に気を付けながら練習を積むことで、初対面の人と話すことに慣れていきますよ。上手くいくことが増えれば、自信にもつながりますしね (*’▽’)

また、もしかしたら「完璧な第一印象」を目指しすぎていませんか?

人見知りや緊張しぃの人でも「素晴らしい第一印象!」を演じられる人もいますが、必ずしもそうでなくてもいいのでは?と私は思います。

前述の通り、相手の印象を決めるのに重要なものは「視覚情報」と「聴覚情報」がほとんど。

よって、

  • 身だしなみを整え、清潔にし、
  • 最低限の表情・態度・話し方を身に着け、
  • よほど失礼な発言をしない。

ということだけ気を付ければいい、と考えるのも一つ。

接客・サービス業、営業職の方などはそうはいかないケースもありますが、私生活であれば「第一印象が悪くなければいいや」ぐらいに考えるのもよいのはないでしょうか?

人との会話に自信がない場合

会話についても、無理しなくていいって私は思います。(営業職などでない限り)

誰もが気の利いた会話ができるわけでもなく、「聞かれたら感じよく答える」ということだけに徹底するのも一つなのでは?

ただ、挨拶だけはしっかりした方がいいかも。挨拶にはいろんな効果があるし。

ご興味のある方や、挨拶が苦手だという方は、ぜひ以下の記事をお読みくださいね☆

挨拶の効果。こう考えると、もっとラクに挨拶できますよ! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

また「やっぱり会話のスキルも上げたい!」と思う方は、以下の記事が参考になりますよ☆

会話上手になりたい!相手の気分がよくなる心理学のコツ5選 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

まとめ:第一印象を良くするのは大事だけど…

第一印象を良くすることが大事な理由と、第一印象を良くする方法についてお伝えしてきました。

でも「それだけではない」と私は思います。

当然第二・第三印象も大事になってくる。 でも、すべてに完璧を求めれば苦しくなる‥‥。

人との関係って「相手の好み」や「相手との相性」もあるし、「縁」もあります。

あまり苦しく考えすぎず、楽しむ気持ちで「第一印象を良くする方法」を実践してみてくださいね。

以下の関連記事も、よかったらどうぞ (*^-^*)

人を第一印象だけで判断しないコツを知れば、もっと幸せ&安心。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。