人に不満を抱くのをやめたい時。6つの方法&3つの考え方をご提案!

佳見 そら

大きな木に集まった動物たちのイラスト

人に不満を抱いてばかり。しかもダラダラ考えちゃう。そんな自分が嫌。

私もそうでした (>_<)

でも、人への不満を減らせ、ダラダラ抱き続けるのをやめられると、断然ラクで幸せ ☆

ここでは「人に不満を抱くのをやめたい時に、ぜひ試してほしい方法」を6つご提案し、合わせて「やめられることにつながる考え方」もお伝えします。

人に不満を抱いてもいいけど…

人に不満を抱いちゃうもんは仕方ない。

聖人や解脱した方でない限り、誰でも人に不満ぐらい抱くよね (‘ω’)

まずは「そんな自分でもOK」って受け入れましょう。「そんな自分が嫌」と思う必要も、責める必要もナシ。

ただ、せめて、人への不満を「長引かせる」のだけは、やめにしませんか?

人に不満を抱くのをやめたい時に試したい方法

ということで、ダラダラ人に不満を抱くのをやめられる方法を、6つご提案☆

いろいろ試し「自分に合った方法」を見つけることが大切です (^-^)

「今に集中」「自分に集中」させる

気持ちを切り替えて「今することに集中」できれば、ダラダラ人に不満を抱くのをやめることができます☆

たとえば、

  • 趣味や仕事・家事などに集中
  • 食事に集中 (その料理の食材や調理法について考えたり、一口一口ゆっくり噛んで味わったり)
  • 歯磨きに集中 (一本一本の歯・歯と歯茎の間・歯間などを丁寧に磨く) etc.

今に集中する方法やコツは、以下の記事を参考にしてみてくださいね☆

今に集中するコツがやっとわかった。日常生活で練習しラクで幸せに。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

また「夢や目標に向けて真剣に取り組んでいる」「好きなことに夢中になっている」など、「自分に集中」できれば、人に不満を抱く時間がもったいなくて、自然とやめられるようになるかも (‘ω’)

ノートに書いてスッキリさせる

「書き出す」という行為は、心理療法の世界でもよく勧められているもの。

難しく考えず「人への不満」や「自分のネガティブ感情」を思うままに書き出すだけでもOK。それらが自分の外に移動した感覚になり、人に不満を抱くのをやめる期待ができます (*‘∀‘)

また「人生を変える記録の力 (メンタリストDaigo著) 」で知った方法を、人に不満を抱くのをやめることに当てはめると‥‥

  1. まず人への不満を書く (例:友人が〇〇をしてくれなかった)
  2. 次に理性的な思考を書く (例:友人は冷たいところもあるけれど、優しいところもある。常に冷たいわけではない)
  3. 最後にポジティブ思考を書く (例:完璧な人、何もかも合う人なんていない。このまま友人との付き合いは続けたい)

ムリヤリなポジティブ思考でなく、少しでも本心から思えるポジティブ思考にするのが大事!  ネガティブな「人への不満」を「少しポジティブな方向」にチェンジできるので、スッキリしますよ☆

誰かに話してスッキリさせる

人への不満を「自分の外に移動させる手段」として、誰かに聞いてもらうという方法もあります。

ただ、人への不満は「悪口」「愚痴」。なるべく、ネガティブエネルギーを相手に与えない方法をとれるとよいですね (‘ω’)

ネガティブエネルギーを与えにくいコツは、以下の3つ。

  • 解決策についての「相談」というカタチにしたり、意見を求めたりする
  • 人の否定や批判ではなく、自分の感情 (傷ついた、腹が立った etc.) を主体にして話す
  • 自分の価値観や考え方を相手に押し付けない

プラス、長引かせないように気を付けること。もし人に対する不満を言いまくってしまった時は、最後に「聞いてくれてありがとう」などとお礼を言えるといいでしょう (^-^)

詳しくは、以下の記事にまとめてあります☆

悪口・不満を減らしたい!上手な言い方を覚えて無理なく…。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

人とかかわる時間を最低限にする

人に対して不満を抱くことが多いと感じるのなら、シンプルに。

人とかかわる時間を最低限にすることも有効です (‘_’)

特定の人に不満を抱きやすいのなら、その人との付き合いをやめる or 最低限にしたり。

人全般に不満を抱きやすいのなら、

  • 誰とでも一定の距離を置いた付き合い方をする
  • 濃い付き合い方になりそうな集団には属さない
  • その分、おひとり様時間を充実させる工夫をする etc.

人とどの程度付き合うのか、どう時間を使うのかなどを、自分で決めちゃう感覚 ☆ 自分の人生なんだし、もっと自分で決めていいんだよね~ (*^-^*)

なぜ不満を引き寄せたのかを考えまくる

「目の前に現れた人や出来事は、すべて自分の映し鏡」という考え方があります。

「類は友を呼ぶ」のことわざのように、自分と似た人が集まりやすいことも言えるし、そうではなくて普段は気づかない自分の心の奥底が相手に映し出されることもある ( ゚Д゚)

えっ? どういうこと? たとえば、

  • 自分を責める癖があると、人からも責められることが多かったり
  • 自己否定ばかりしていると、人からも見下されることが多かったり
  • 自分を大切にしていないと、人からも大切にされないことが多かったり‥‥

また、わかりにくい例もある…。

  • 自分が頑張りすぎていると、頑張らない人を見聞きすることが増える
  • 「怖い上司が嫌」と思えば思うほど、そういう上司を引き寄せやすくなる
  • 自分の心がざわついていると、うるさい人や騒音に悩まされることが増える etc.

すなわち、不満を感じる人や、不満を感じる相手の行動が現れたということは、何か自分の中に原因があるということです。

なんだかよくわからなくても信じなくてもいいのですが「そういう考えもあるんだ~」と思って、自分の心の奥底にある「原因」を、ひたすら探す。

ちょっと面白がる気持ちで「自分の何が原因で、不満を感じる人や現実が引き寄せられてきたのだろう」と考えると、考えることに脳が集中するので、人に対する不満を抱くのをやめることができますよ (‘ω’)

(「自分に原因がある」と言っても、自分を責める必要は全くありません。どうしても自分を責めてしまう人は、この方法はやめましょう。)

物事のよい面に目を向ける練習をする

「人への不満」は、人の「悪い面」に目を向けている状態 (*´Д`)

このブログ内でよく書くことですが、「悪い面」「できないこと」「欠けているもの」ではなく

  • 人や物事の「よい面」
  • 「今できていること」「今持っているもの」
  • 人や物事の「感謝できる面」

に目を向けた方が、絶対に心がラクで幸せに、楽しく過ごせます (*´▽`*)

これは、練習すればできること。習慣にできれば、人に不満を抱くことが自然と減ってきますよ!

たとえば、

  • 毎日1回 (寝る前・入浴中など)、感謝できることを思い浮かべるだけでもいいし、
  • 前述の「不満やネガティブ感情をノートに書き、ポジティブ方向にチェンジ」の方法を実践するのもヨシ
  • ゲームをするように、普段から人や物事の「よい面」を探しまくるのもオススメ。

私が実践してきた方法や、続けるコツは、以下の記事を参考にしてみてくださいね☆

引き寄せの法則で気にしすぎを改善【10.実践し続けるのが大切】 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

人に不満を抱くのをやめられる考え方

人に不満を抱くのを、さっとやめられるかもしれない。そんな考え方を、3つご紹介します☆

人にどうこう言えるほど立派か

仏教系の本を読んでいた時に、この言葉に出会いました。

たとえば、以前の私の「人への不満」を振り返ると‥‥

  • あの店長は頼りにならない
  • 正社員があんなに仕事をサボっていいのか
  • この人、すぐに気分が顔に出るなぁ etc.

でも、よくよく考えると‥‥

  • もし自分が店長の立場になったら、人から頼りにされる店長になれるの?
  • 自分もあの会社の正社員になったら、少しぐらいサボりたくなるのかもしれない
  • 自分も気分が顔に出ることがあるかもしれないし、別のことで人に不満を与えているかもしれない

う~ん…「人に厳しく自分に甘い」という状態になっていることに、気づくことも多いかも (-“-)

自分と人は違う

たいてい、人への不満って以下のような時に抱くもの。

  • 人が、自分の思い通りに動いてくれない時
  • 人の態度や言葉が、自分の「期待」と違う時
  • 人と自分を勝手に比較して、人と自分の間に優劣をつけた時

よって、以下のような考え方が腑に落ちていれば、人に不満を抱くことは減るはず‥。

  • すべては人それぞれ (価値観・好み・能力・持っている知識・過去の経験など)
  • 自分の「普通」と、他人の「普通」は違う
  • 自分は自分、人は人
  • 人それぞれ、長所も短所もあり
  • 自分も素晴らしい、人も素晴らしい

ご興味のある方は、以下の記事もどうぞ☆

☆自分と他人は違う…「普通捨て」をちゃんと実践するとラクになる。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

☆人と比べるのをやめたい…ラクで幸せになれる5つの実践 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

何をするか、どう考えるかは、選べる

あなたは、幸せで楽しい人生をおくりたいですか?

では、人への不満を抱き続けている時、あなたは楽しくて幸せですか?

以前の私もそうでしたが、幸せで楽しい人生をおくりたいのに、そうでない時間を過ごしていることが多すぎる~ (*´Д`)

時計の時間 (物理的な時間) は 1日24時間と決まっていますが、その時間で何をするのか、どんなことを考えるのか。現代は、そのほとんどが「自分で選べる」のではないでしょうか。

せっかく生きるのなら、人への不満はさっさと終了 ( ;∀;) で、

  • 楽しいことや心地いいことをする、考える
  • 今していることに集中する
  • 何も考えず、ただボーっと脳を休ませる

ことなどに、時間を使いませんか (*’▽’)?

まとめ:どうするかは、自分の自由

人に不満を抱くのをやめたい時に試したい方法や、やめる期待ができる考え方についてお伝えしてきました。

でも、人への不満を抱き続けるのも自由~。

改善するために、何かを実践してみるのも自由~。

ぜひ、自分はどうしたいのかを心に聞いてみてくださいね☆

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。