いちいち自分で自分に「ナイス~!」って言うと楽しくなる。

佳見 そら

シュートダンスをしているイラスト

私は、自分で自分に「ナイス~!」ってよく言います。

誰が何と言おうと、誰にどう思われようと (笑)

だんだん、自分の存在自体が「ナイス」=「すてき」「お見事」と思えてきて楽しいよ (^O^)

みんなに内緒で、一人で実践できるし、今日からやってみない?

ここでは自分で自分に「ナイス~」って言うのが効果的な理由と、私がどんなふうに実践しているのかをまとめます。

自分に「ナイス~」が、なぜいいのか

自分で自分に「ナイス~」って言うのを勧める理由を、3つの観点から。

自分で自分を褒めるのって大事

他人から褒めてもらえることって、そうそうないもの。

でも自分で自分を褒めることなら、心がけるだけでできるのだ (*‘∀‘)

自分で自分を褒める (認める) と、

  • 楽しい&幸せな気分になれる
  • 他人からの評価を求めすぎずに済む
  • 他人のことも褒めたり認めたりできる

などの効果が期待できます。

正しくコツコツ続ければ、自己肯定感を少しずつ高めていくことも可能!

詳しくは以下の記事を参考にしてみてくださいね☆

自分を認める3つの方法。簡単だから毎日やってみよう! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

「自己肯定感」については、以下の記事に解説。

引き寄せの法則で気にしすぎを改善【9.自己肯定力をつける】 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

でもなかなか実践が続かない

上記の記事でオススメしているのが「今日一日を振り返り、その日の自分の頑張りを褒めること」。

「自分の頑張り」って、

  • どんなに小さなことでもいいし
  • 他人との比較は一切しなくていいし
  • 他人からは褒められないようなことでもいい。

とにかく自分をいっぱい褒める。それをノートに書く (入浴中などに思い浮かべるだけでもOK)。

しか~し。

なかなか続けられないんですよね (´Д`)

いま記事にしている「ナイス~」ならカンタン! ただ日常生活の中で、自分に言うだけ☆

声に出すのが恥ずかしい場面なら、心の中で言えばいい。

簡単で気楽にできる方法の方が、長く続けやすいんですよね。忘れちゃっても、思い出した時からまたやればいいだけだし (*^▽^*)

脳科学や量子力学からも

いちいち自分で自分に「ナイス~!」って言う実践を続けてると、

  • 脳が「自分ナイス~!」って思うことを勝手に探してくれるようになるし
  • なぜか他人からも褒められることが増えてきたり (ダメ出しされるようなことは減ったり)
  • 「自分ナイス~」って思えるような現実が起こりやすくなったり‥‥

まさにナイスがナイスを引き寄せる! 人生が楽しくなる!

これは適当なでっちあげを言ってるのではなく、脳科学や量子力学でも説明できること☆

私も実験済。おもしろい (*‘∀‘)

量子力学については、以下の記事にまとめています。学者じゃないから、詳しい理論の説明はできないけど。

量子力学がよくわからなくてもOK。利用だけさせてもらっちゃおう! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

自分に「ナイス~」って言う実践の具体例

私がどんな時どんなふうに「ナイス~」って言っているのか、まとめます☆

自分なりにできた、頑張ったって思う時

何かでできた時、成功した時に、いちいち「私、ナイス~!」って言う。

「自分なりに」がポイント!

  • 料理がまあまあ美味しくできた
  • 初対面の人と上手く会話ができた
  • 何かの予想が当たった etc.

頑張った時も。「他の人に比べたら頑張ってないし」とか考えない (考えちゃってもスルー)。

  • 片付けや掃除を頑張った~
  • 〇〇の仕事を頑張った~
  • 人とかかわるのを頑張った~

ほんと「他の人とは一切比較しない」のがポイント。たとえば「心も体もしんどかったけど、今日も一日生きた、自分、頑張った」とかでも、すごくいいと思います (^-^)

いいことをしたなって思う時

こんなことをした時、後で「おっ自分、ナイスプレ~」って言っちゃう。たとえば

  • タイミングよく人の手助けができた
  • 自分が声がけや行動をしたことで、スムーズに進んだ
  • 落とし物を届けたりゴミを拾ったりした etc.

「ちょっといいことしたかも」って時にも。

  • コンビニや市役所の募金箱に小銭を入れた
  • 歩いてる時や運転中に、道を譲った
  • 人の相談に乗ったり、褒めたりできた etc.

難しく考えないのがポイント!

「偽善かも」とか「余計なおせっかいだったかな」とか考えちゃうのは仕方ないけど、行動したことは事実なのだ。そこを褒めよう、それは「ナイス~」でいいのだ (‘ω’)ノ。

忘れてたことを思い出した時とかも

こんな時も、いちいち自分に「おっ ナイス~!」

  • ゴミを出すのを忘れてたけど‥「回収前に気づいて出せた!」
  • 提出物を忘れてたけど‥「なんとか締め切り前に思い出せた!」
  • 落としそうになったお茶碗を‥「空中で上手くキャッチした」
  • 失敗した料理を‥「上手くごまかし、まあまあ美味しくした」
  • 転んじゃったけど‥「手をつけられ、大怪我せずに済んだ」etc.

「もともと忘れてたのを思い出しただけ。全然ナイスじゃないじゃん」とか考えない (;’∀’)

「忘れてた」方に目を向けず、「思い出せた」方に目を向ける。「自分、すごい! 自分、ナイス~!」‥‥とにかく、なんでもナイス~! それでいいのだ (^O^)

まとめ:いい言葉をかけよう、いいことを考えよう

いちいち自分で自分に「ナイス~」って言う実践について。

効果的な理由や、具体的な実践方法についてお伝えしてきました。

SNSの「セルフいいね」は気持ち悪いとか痛いとか言われがちだけど、こっちは心の中だけでできるよ!

だから誰にもバレないし (‘ω’)

心って、自由なんだ。ふわふわ飛べるし、願いを全部叶えたっていい。

せっかくなら、自分にいっぱい「いい言葉」をかけよう。「いいこと」を考えたり感じたりしよう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。