人間関係は、ただの鏡の法則。自分の習慣を変えると面白いことに!

佳見 そら

輪になって笑顔で話す人のイラスト

人間関係で悩んだことない人って、いるの~?

でも、職場、友人知人、近所、家族。お店や病院、ネット上の人とかも含めたら、誰とも人間関係を築かないわけにはいかない…(>_<)

こんな時、「鏡の法則」を利用しちゃう☆

ちょこっと自分の習慣を変えてあげれば、あら不思議。 周りの人間関係も変わってくるんです (*’▽’)

ここでは、鏡の法則について解説し、人間関係が良い方に変わる期待ができる「習慣のつけ方」をお伝えします☆

「鏡の法則」とは

鏡の法則とは「自分の周りで起きることは、自分の心を映し出す鏡である」という法則のこと。

たとえば「同じ出来事」が自分の周りで起こっても、

  • Aさんは「いろんなことがあるから人生楽しい」と思い、
  • Bさんは「まあ、この程度のことはあって当然。たいしたことない」と思い
  • Cさんは「この世の終わり」のように思って、ふさぎこむ。

Aさんのような思考を日常的にしていれば、楽しい現実が起こりやすくなる~(*’▽’) 反対にCさんの場合は、ふさぎこむような現実が増えていくのですね。

これは脳科学や心理学、波動の法則 (量子力学) から言えること☆

「心が変われば人生が変わる」という名言もありますしね (^-^)

鏡の法則と人間関係

鏡の法則は「人間関係」にも当てはまります。自分の周りにいる人は全員「自分の映し鏡」!

どういうことか、解説していきます☆

類は友を呼ぶ

一番わかりやすいパターンです☆

  • 自分と気 (波長) の合う人
  • 価値観や好みが合う人
  • なんとなく自分と似ている人

とは、仲良くなりやすい (*‘∀‘)

まあ家族などで「誰かがポジティブだと、あえてネガティブになってバランスをとる」なんてケースもありますが、たいていは「愚痴ばかり言う人同士」とか「学びが好きな人同士」とかで仲良くなっていくものですよね。

でも「嫌な人」「合わない人」がなぜいるの?

でも職場の人とか、近所のおばちゃんとか、どう考えても「嫌な人」「合わない人」もいるじゃん。

‥‥実はそういう人も含めて「全員、自分の映し鏡」なんです!

えっ? どういうこと? たとえば‥‥

【愚痴っぽい人が周りにいる時】

  • 自分も愚痴をよく言う。
  • もしくは愚痴っぽい人の愚痴を自分が言っている。
  • もしくは自分のことが嫌いで自己否定ばかりしている。

【自分の部署に、他人に厳しい上司がいる】

  • 自分も他人に厳しい一面がある。
  • もしくは自分が「他人に厳しい人」を必要以上に嫌っている
  • もしくは自分が自分に厳しい。

そう。注目すべきは「嫌な人の嫌な部分を、本当は自分も持っている」ってことなんです!

もう一つ。「怒鳴る人が嫌いなのに、なぜかよく自分の周りに現れる」という例を挙げましょう。

まさに以前の私なのですが‥(;’∀’)

怒鳴る人がすごく苦手だったので、私自身は人に怒鳴らないよう気を付けていました。でも「自分も本当は怒鳴りたい!」 という場面が、まあまああったのですね。

私の場合、自分で認識していたわけですが、「認識していないけど、心の奥底 (無意識) の部分で本当は怒鳴りたいと思っている。でも我慢している」という人もいるようなのです。

前世や過去生の因果というケースもあるよう。‥これは、もうどうしようもない?

じゃあ、どうすればいいの?

  • 本当は自分も「怒鳴りたい」のかもしれない
  • 怒鳴る人にも、何か事情があるのかもしれない
  • 誰もが長所もあれば短所もある

などと「本当は怒鳴りたい自分」や「実際に怒鳴る人」に対し、許して受け入れられる (必要以上に意識を向けない)ようになると、自分の目の前には怒鳴る人が現れなくなる、ということなのです。

鏡の法則って、けっこう傷つくよね

鏡の法則を知れば知るほど、以前の私は落ち込む落ち込む。

「じゃあ、全部私が悪いんだね…」って (*´ω`)

でも、そんなに悲観的になることはない。鏡の法則は「自分がもっと幸せに生きていくにはどうしたらいいのか」を、気づかせてくれるものなんだ、きっと☆

私の場合、実際に

  • 自分を責めることや自己否定を一切しなくなったり
  • 自分を褒めることや感謝することが習慣になったり
  • 他責や他人の行いのジャッジをしなくなったり

したことで、人間関係が嘘みたいに変わったので、今では納得せざるを得ない感じなんです ( ;∀;)

人間関係を変えたければ、自分の習慣を変えよう

鏡の法則を利用して人間関係を変え、ラクに生きていきませんか?

そのためには、習慣を少し変えてあげるだけ。それが人間関係にも少しずつ反映されてくるんです!

比較的、心に余裕がある時だけでもOK! 以下の方法を「無理のない範囲」で習慣にしていきませんか?

笑顔と感謝を心がける

シンプルな話、自分から笑顔や感謝を心がければ、周りの人の笑顔や感謝も増えます。

周りの人の笑顔や感謝が増えれば、自分も嬉しくなり、ますます笑顔や感謝が増えるわけ (*‘∀‘)

最初のうちは「あんまり心が伴わないなぁ」「形だけかも」でもいいと思っています。なぜなら、続けていくうちに脳に刻み込まれ、私の場合は少しずつ心も伴ってきたからです。

笑顔は驚くほどたくさんの効果あり! ご興味のある方は以下の記事を☆

笑顔で脳をだます作戦!ちょっと恥ずかしい私の実践と効果。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

また、以下の記事には「感謝の効果」が詳しくまとめられています☆

感謝は幸せへの一歩。感謝の効果を知れば感謝したくなる! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

なるべく自責と自己否定をやめる

以前の私は、自分を責めることと自己否定が、まさに「癖」!

同じような方は、そう簡単にはいかないかもしれないのですが‥(>_<)

鏡の法則を知れば知るほど、この「自責」や「自己否定」、できればしない方がいい。

なぜなら、

  • なぜか人から利用や搾取をされるとか
  • 人から認めてもらえない、大切にされないことが多いとか
  • なぜか嫌な人がよく現れるとか‥‥。

要するに、自分の周りの人間関係に恵まれにくくなるんです (*´ω`)

以前の私を例に挙げると「いい人」や「素敵だなと思える人」も周りに多かったですが、「人間関係ってしんどい」と思わせてくれる人も多かったです。ハラスメントやトラブルの類も、けっこうあったし。

人間関係に限らず、自分を責めることや自己否定が癖になっていれば「生きづらい」ですし、「幸せを感じにくい」とも言えるでしょう。

だからと言ってムリヤリ自責や自己否定をやめても、心が悲鳴をあげてしまう~ (*_*)

まずは

  • 自分を責める自分もOK
  • 自己否定する自分もOK

って、素直な気持ちを受け入れてあげる。マイナス感情を受け入れると、その感情はやわらぐことが証明されています!

感情を受け入れた後、「でも自分は頑張った」と心から認めてあげる。自分をこれ以上イジメない。ありのままの自分でいいんだって、許し愛してあげる。

あとは好きなことをして楽しく過ごしたり、心地いいことをして過ごしたりできるとよいでしょう (^-^)

以下の関連記事も、せひ参考にしてみてくださいね。

自分を認める3つの方法。簡単だから毎日やってみよう! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

自分を責める癖がつらい…心がラクになる考え方や方法を見つけよう | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

自信がない人は短所を長所に変換しよう!長所を見つける3つの方法 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

引き寄せの法則で気にしすぎを改善【9.自己肯定力をつける】 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

「ありのままの自分でいい」の意味を理解力がないなりに考えてみた。 | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

なるべく愚痴や人の悪口を言わない

私は愚痴や人の悪口ばかり言う人間でした…( ;∀;)

たしかにスッキリしますよね。思いっきり吐き出したり、誰かに共感してもらえたりすると。

でも結局、愚痴や人の悪口、不満や文句って「悪いエネルギー」なんですね。悪いエネルギーを吐いてばかりいると、

  • 他人から愚痴や人の悪口を聞く機会も増えるし
  • 人間関係のドロドロとかも招きやすくなるし
  • 幸せに感じられないような出来事も起こりやすくなる。

やっぱり減らすに越したことはないんです!

よかったら、関連記事も読んでみてくださいね☆

悪口や不満を言わない方がいい理由。読めば減らしたくなります! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

愚痴や文句を言わないために…覚えたい3ステップ+αの方法! | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

なるべく前向きな考え方を選ぶ

冒頭の「鏡の法則とは」でも解説した通り、同じことが起こったとしても、どう考えるかは自由に選ぶことができます☆

仏教にも「痛みは避けられないが苦しみは選択できる」という言葉があります。つらい出来事があっても、その後ずっと苦しみ続けるのか、前向きな考え方を選んで切り替えていくのかは、自分で選べるのですね。

といっても、ムリヤリ前向きな考え方を選ぶ必要はなし (^-^)

「つらいよね」とか「悲しいよね」などと優しく自分に語りかけ、しっかり感情を受け入れてあげる。少し心がラクになった時点で「いい勉強になったぞ」「この程度で済んでよかった」など、前向きな考え方を選んでいくのです。

あらゆる場面での「前向きな考え方」を知るには、本を読むのがオススメ☆

特に仏教や論語の教えとか、精神世界系とかスピリチュアル系 (引き寄せの法則や創造の法則を含む)、ひすいこたろうさんの本とかもいいですね (*’▽’)

当サイトのカテゴリー3:「考え方は選べる」の中にも、私の実践記録を載せています。↓ ↓ ↓

サイトマップ | 気にしない自分をつくろう!〜ラク楽イキ生きブログ〜 (kinisinai-jibun.com)

生活習慣を整える

上記のような習慣をつけやすくさせるには、心にいいと言われることを実際にやること (*‘∀‘) たとえば、

  • 断捨離や掃除をする
  • 自然の景色を見たり観葉植物を置いたりする
  • 軽い運動をする
  • 栄養バランスの整った食生活を心がける
  • 質のよい睡眠をとる
  • 深呼吸や瞑想を取り入れる
  • 姿勢を良くする etc.

できることを、できる範囲で取り入れればOK! ストレスを減らして、なるべく「いい気分」でいるだけで、少しずつ人間関係にも映し出され、良い方に変わっていくのですね (*’▽’)

まとめ:習慣が変わると人間関係も変わる

もちろん、世の中にはいろんな人がいる。嫌な人もいる。

でも、ご紹介した習慣をコツコツつけていくことで、自分の周りからは嫌な人が減る感覚を味わえると思いますよ☆

私は、ここ数年の経験から「鏡の法則」を面白いほど感じています!

  • 嫌な人が異動や退職などで去ったり
  • 嫌な人と会う機会がなぜか減ったり
  • 愚痴の多い人が、自分の前では愚痴を言わなくなったり
  • いい人が周りに多いと感じたり‥‥

まあ、想定外のこともありましたけど、それも含めて面白い (笑)

ゆるくてもいいので、ぜひ根気強く続け、不思議な感覚や面白さを味わってみてくださいね (*‘∀‘)

長い文章を最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。